top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

進化を遂げた浦和レッズ守護神、西川周作に聞いた!「今回の日本代表GK陣」「森保監督との思い出」

Qoly

ワールドカップ前最後の親善試合カナダ戦を終え、いよいよ本大会へと突入していく日本代表。

運命の初戦、23日のドイツ戦では、カナダ戦で権田修一が起用されたゴールキーパーとして誰が出場するかも一つの注目点となる。

浦和レッズに所属する西川周作は、2014年のブラジル大会に参加。残念ながら試合に出場することはできなかったが、選手として“ワールドカップの空気”を知る日本人の一人だ。

そこでQolyは、36歳を迎えた今年、新たなGKコーチのもとで大きな進化を遂げた浦和レッズの守護神を直撃!

広告の後にも続きます

インタビュー前編となる今回は、引退を発表した中村俊輔や、エデルソン、マヌエル・ノイアーといった世界のGKたち、日本代表の話などを中心に聞いた。記事ではその一部を紹介する。

(取材日:2022年11月3日)

――(前略)日本代表のお話も伺いたいのですが、川島永嗣選手、権田修一選手、シュミット・ダニエル選手の3人がワールドカップメンバーに選ばれました。西川選手はそれぞれの選手の良さや特徴をどのようにとらえていますか?

永嗣さんは一緒に代表でもプレーさせてもらったんですけど、準備から人一倍すごいですし、周りを見る力、そして本当にチームが正さなければいけないレールに戻してくれるというか、そういうところの“まとめ役”という役割も今回任されたと思います。

プレーはどうかと言われると僕が思っていたのは、所属チームで試合に出ていなくても、次に代表へ来た時、レベルアップしたエイジさんで来るというところ。それはすごく感じていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル