top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍でも売り上げを伸ばす企業の共通点「商物分離」とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

業界に波及する無人化オペレーション技術に迫る! 新時代の物流の在りかたを提示する。※本記事は、鈴木邦成氏・中村康久氏の書籍『シン・物流革命』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】コロナ禍で社会に認知?物流の大変革「シン・物流革命」とは

フィジカルインターネット構想でライフスタイルは激変する

実際、物流ネットワークを情報流におけるインターネットのように拡張、進化させていこうという構想が出てきている。現在のインターネットがデジタル社会の構築に大きく寄与していることに模して、グローバルネットワークのなかでモノの流れのインフラを構築しようというもので「フィジカルインターネット」(PI)と呼ばれている。

エリック・バロー(パリ国立鉱業高等学校教授)、ブノア・モントルイユ(米ジョージア工科大学教授)などによる提唱で、フランス語版(紙媒体、デジタル媒体)、英語版の同名書籍が出版され、日本でも邦訳が刊行されている。

フィジカルインターネットという語はモントルイユ教授が英国経済誌『エコノミスト』の記事の中の語句として使われていることから思いついたとされ、ロジスティクスの学術誌として高い評価を受けている『ロジスティクスリサーチ』誌に掲載された論文で定義されている。

広告の後にも続きます

インターネット(以下、本章では混同を避けるために「デジタルインターネット」と表記)のメタファー表現としてロジスティクス領域におけるフィジカルインターネットのビジョンを設計・開発することを提案し、あわせてその実装にあたっての影響と要件について説明している。

国、地域、大陸にまたがる学界、産業界、政府間の学際的なコラボレーションの必要性も説かれ、強調されている。

動き出したフィジカルインターネット構想の具現化

モントルイユ教授らの提唱によれば、フィジカルインターネットとは、データ送信を行う際のデジタルインターネットのしくみを物流・ロジスティクス領域に概念的に転用していくという考え方である。

デジタルインターネットでは張り巡らされたウェブ状のネットワークを活用して送信側が受信側にパケット単位で情報が伝達される。

この発想や概念を物流・ロジスティクス領域にも当てはめ、コンテナやパレットを物的パケット単位(かたまり)に見立てて、標準化された倉庫などの拠点(ノード)と緻密な輸送ルート(リンク)を設定することで最適化を実現するというものである。倉庫や輸送ルートはシェアリングできるようにすることで共通のインフラとして広く開放することになる。

我が国におけるフィジカルインターネットの導入については、「SIPスマート物流サービスの取組み」(国土交通省物流政策検討会資料)のなかでも触れられている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル