top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

オーディオテクニカが創業60周年記念モデル5機種を発表 いずれも限定生産

もっとエンタメ

 

 音響機器のオーディオテクニカは、創業60周年を記念したアニバーサリーモデルとして、MCカートリッジなど5機種を発売する。すべて台数限定で公式オンラインストア及び一部販売店を通じての販売で、以下、表記の価格はすべて税込み。ラインアップは、MCカートリッジ「AT-MC2022」(132万円 限定60台)、ヘッドホン「ATH-W2022」(132万円 限定100台)、ワイヤレスヘッドホン「AT-WB2022」(39万6,000円 限定600台)、アナログターンテーブル「AT-LP2022」(17万6,000円 限定3,000台)、サウンドバーガー「AT-SB2022」(2万3,800円 限定7,000台)で、いずれも11月7日に予約販売を開始(AT-SB2022のみ同日に発売)している。

 オーディオテクニカの祖業はレコード再生用のカートリッジ。AT-MC2022(11月25日発売)は長年培ってきた知見、技術を注ぎ込んだMC型となる。振動ロスを抑える針先一体型ダイヤモンドカンチレバーや、発電効率を大きく向上した新磁気回路など高度な技術を投入。チタンハウジングは、美しく耐久性に優れたイオンプレーティング処理で黒の七宝風装飾があしらわれる。天然無垢ウォルナットなどで作られたシリアルナンバー入りケース、アルカンターラ製ポーチなどが付属する。自重9.5g。

 ATH-W2022(11月25日発売)は、長年、同社の上位モデルとして作り続けられてきているウッドハウジングをもつヘッドホンで、初代と同じミズメ桜を採用。蒔絵(まきえ)を施した越前漆の仕上げは、工芸品の趣がある。正確な動作を生むバッフル一体型の大口径58mmドライバーは振動板を純チタン製センタードームとして、積層純鉄板によるハイパワーの磁気回路を用い、鮮明で伸びやかな音質の…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル