top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本人志、若手時代に経験した島田紳助&明石家さんまのトークを振り返る「どう戦っていこうかな」

Quick Timez

画像:時事

・お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんが11日、自身がMCを務める「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ)に出演。

・松本さんが若手時代に島田紳助さんと明石家さんまさんのトークを見た時の心境について、語るシーンがありました。

・また、2015年にM-1グランプリの審査員を務めなかった理由も告白しています。

松本人志、若手時代に味わったさんま&紳助のトークを振り返る

お笑い芸人ダウンタウン松本人志さんが11日、自身がMCを務める「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ)に出演。

広告の後にも続きます

松本さんが若手時代に島田紳助さんと明石家さんまさんのトークを見た時の心境について、語るシーンがありました。

松本さんは「俺が19歳か20歳くらいの時か、ヤングプラザっていう紳助・竜介さんがやっている番組の前説をやりたくてしょうがなかったんよ」と発言。

これには後輩芸人の千鳥の2人も驚きのリアクションを取ります。

続いて「それをやると、月に1回さんまさんが来るのよ。さんまさんと紳助さんの生のトークが見れんねん。それが見たくて。そして前説でネタもできるし、大阪で唯一若いお客さんが集まる機会やったから。お願いしてギャラいらんから言うて…」と当時のエピソードを告白。

前説が終わると1番前の席で、紳助さんとさんまさんのトークが見れるみたいで、すごく貴重な機会だったと言います。

それを見て松本さんは「この人たちとどう戦っていこうかな。どう渡り歩いていこうかなって思って」と、当時の心境を吐露。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル