top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヒカキン、ドラマ『君の花になる』のオタク観客役で話題

yutura

11月15日、「ヒカキン」(登録者数1090万人)がドラマ『君の花になる』(TBS系)に本人役で出演したことが話題となっています。

ヒカキン本人役で出演、得意の変顔も披露

TBS系で毎週火曜日午後10時に放送されているドラマ『君の花になる』は、「本田翼」(同220万人)演じる元高校教師「仲町あす花」が、崖っぷちボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の「トップアーティストになる」という夢を、彼らと共に追いかけるというストーリーです。

11月15日に放送された第5話は、8LOOMが週間ランキング1位を目指して奮闘する中、ライブ出演の話が舞い込むという内容。ヒカキンはそのライブの観客で、本人役として出演。メンバーの1人、宮世琉弥演じる成瀬大二郎を推すオタクの設定らしく、「NARU」と書かれたピンクのうちわを手に、ノリノリでライブを楽しみます。周囲に「ヒカキンじゃない?」と気が付かれると、おなじみの変顔を披露しました。

放送を受け、ツイッターにはヒカキンの名前がトレンド入り。ヒカキン本人は放送後にツイッターで

ヒカキン、ドラマ映り込みすぎて草www
Twitterトレンド入りましたw

とコメントしました。

広告の後にも続きます

視聴者からは、

ヒカキンさんめっちゃ可愛かった

ドラマに集中できんw

ヒカキンさんのノリが可愛すぎたー 演技、最高でしたよー

など、ヒカキンが可愛かったとの感想と、トレンド入りを喜ぶ声が集まっています。

ヒカキンは自身のTikTokでは、8LOOMの楽曲「Come Again」に合わせてグループメンバーらとダンスする動画も投稿しています。

@hikakin #君の花になる #8LOOM #ComeAgain #8LOOMY ♬ Come Again – 8LOOM

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル