top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』に「トラウマになった」の声が続出する理由

週刊実話WEB

(画像)Mr.Music/Shutterstock

11月11日に公開された新海誠監督の最新アニメーション映画『すずめの戸締まり』。同作は、2016年公開の『君の名は。』、19年公開の『天気の子』に続く新海監督の新作映画とあって、公開直後から多くのファンが映画館に詰めかけている。

【関連】森七菜に暗雲!? 元舞妓さん暴露ツイートで主演ドラマが“お蔵入り”の恐れ… ほか

公開から3日間で観客動員数133万人、興行収入18.8億円を突破。これは、興収250億円超えの『君の名は。』以上のハイペースで、同監督作品史上、最高のスタートだという。

Yahoo!の「話題の映画ランキング」では、早くも1位を獲得。約半数が★5つをつけ、総合で★3.9の高評価となっているが、一方で★1つと★2つも約2割を占めるなど、評価が真っ二つに分かれているのだ。

しかも、低評価の中には「トラウマになった」という意見が多いのも気になる。

公開直前まで隠されていた「描写」

「低評価をつけている人のほとんどが、『3.11を思い出す』と書き込んでいます。この作品は、日本各地の廃墟を舞台に〝災い〟の元となる『扉』を閉めていく少女・すずめの成長を描く冒険物語なんですが、その〝災い〟としてショッキングな大地震の描写がある。しかも、そのことはこれまでほとんど公にされていなかったのです」(映画ライター)

広告の後にも続きます

配給の東宝も、どの時点で明らかにするか慎重に検討していたようで、公開直前の10月22日になって、ようやく「注意喚起」の文章を公式ツイッターにアップ。しかし、そのアナウンスを事前に知らずに鑑賞し、「トラウマになった」という人が続出しているのだ。

ネット上には、こんな意見が多い。

《上映前に告知を入れてください。全ての人がSNS、テレビ等見ているわけではありません。何も前情報入れずに鑑賞する人多いですよ》

《映画の冒頭で流したらいいのに…。Twitterでアナウンスしても気がつかない人はたくさんいると思う》

《これ実際に被災した人にも見せられるのかな? ネタバレしたくなくてなんの情報もなく見たけど、マジでトラウマになったわ》

《東北在住です。注意喚起を知らずに観ましたが、トラウマになっていることを再認識しました。本当に見なければよかった…》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル