top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

芸人・ほんこんインタビュー~「ブサイク」と言われて嬉しいもんではないけどな…~

週刊実話WEB

ほんこん (C)週刊実話Web

『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)で一躍、全国区の芸人となったほんこんさん。近年は情報番組のコメンテーターや、お笑いの審査員を務めることもある吉本の重鎮だが、今回は伝説のテレビ番組の舞台裏や、大物芸人との秘話まで忌憚なく語っていただいた。

【関連】最強女子プロレスラー・アジャコングインタビュー~「ブルさんが飛んできたときは“死んだ”って思いました」~ ほか

―――――――

――大阪NSC4期生ですが、高校卒業後に入学されたのでしょうか?

ほんこん「いや、2年間、車関係の会社で働いていましたよ」

――もともと芸人になる夢を持ちつつ就職を?

広告の後にも続きます

ほんこん「高校生のとき、アルバイト先のお好み焼き屋さんのお客さんから『おまえ、おもろいな』と言われて、興味はありつつ芸人の世界なんて俺には絶対無理やと思っていました。けど漫才ブームがあり、島田紳助さんの番組で漫才をするダウンタウンさんを見て、『うわっ、おもろい!』と衝撃を受けてね。それで3期生の願書をもらいつつ1年間考えた末、会社を辞めようと決意したんです」

――同期には今田耕司さんがいらっしゃって、コンビを組まれていたんですよね。

ほんこん「そう。今田から『組みません?』と誘われて。でも彼は遅刻ばかりするから、ネタ合わせもできへんやん。そのあと『ホンコン・マカオ』というコンビを組んだけど、相方が『カレンダーの赤い数字の日は休みたい』言うて。わしらそこで働かなあかんのに。石田靖とも1日だけ組んだことがありましたよ」

――1日で解散!

ほんこん「今の会長の大﨑(洋)さんに、コンビを組んだと報告に行ったら、『やめろやめろ! 売れへんで!』と言われて、素直にやめますと」

――そして最終的に、板尾創路さんと130Rを組まれたんですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル