top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2023年新春の“福袋”は衣類より食品へ!?〜企業経済深層レポート

週刊実話WEB

企業経済深層レポート (C)週刊実話Web 

今年も残り2カ月を切ったが、大手百貨店などは来年の初売りに向けた福袋の準備に余念がない。特に今年はコロナ不況を吹き飛ばせとばかりに、アイデア満載、奇抜な豪華福袋が目白押しだ。

その一つが鉄筋コンクリート造りのタイニーハウス(小屋)で、福袋は330万円(税込)。百貨店大手の髙島屋から発売される。流通業関係者が解説する。

【関連】“入国緩和”で訪日客激増“円安”で爆買い復活〜企業経済深層レポート ほか

「この小屋の面積は約10平方メートルで、設置に必要な最低面積は約30平方メートル。造りは鉄筋コンクリートですが、実は3Dプリンター製というビックリハウスです」

3Dプリンターとは、デジタルデータをもとにして、立体的な物体を短時間で造形する機械のことだ。3Dプリンターを利用すれば、小さな部品から家屋までが簡単に作れてしまう。

今回の福袋企画は、3Dプリンター住宅メーカーのセレンディクスと髙島屋がタイアップして実現した。

広告の後にも続きます

3Dプリンターハウスの外観は球状の繭のような形をしていて、グランピングやリモートワークにも十分な空間がある。しかも造成や基礎を除けば、たった1日で完成するのだという。今回の福袋は1棟限定だが、希望者が多い場合は抽選販売となる。

一戸建て住宅にハワイ挙式…おもしろ福袋満載

このような奇抜な福袋が発売される背景とは何か。経営コンサルタントが語る。

「目下、日本の大きな課題の一つは、円安や物価高にどう対応するかです。セレンディクスは2023年に、3Dプリンターで1LDKの一戸建て住宅を約500万円で販売する予定です。近年は新築戸建てやマンション価格も右肩上がりで高騰中。髙島屋にとっては、ローコストの3Dプリンター住宅は、物価高騰への対抗策でありながら、話題性も抜群という、最高の商材です」

物価高騰対策を打ち出した福袋を販売するのは、髙島屋だけではない。

松屋銀座は、7億円相当のハワイの超高級コンドミニアムに宿泊体験できる福袋を発売する。価格は20万2300円(税込)で、1組限定だ。旅行アドバイザーが言う。

「航空券は自分で用意する必要がありますが、ハワイの5泊7日分の滞在権と、キャリーケースやアロハシャツなどの松屋商品がセットになっています。20万円強なら、絶対に超お得」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル