top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

トー横のハウル・小川雅朝被告、死亡原因の闇が深すぎる!最近は獄中死が多発していた

Quick Timez

(※画像はイメージです)

・トー横の「ハウル」などと名乗ってた小川雅朝被告が東京拘置所内で亡くなっていたことが明らかとなりました。

・トー横のハウルが死亡した原因とはなんだったのでしょうか。

・ネット上では危険ドラッグの副作用や梅毒、コロナワクチンの副作用などと囁かれています。

関連記事:小籔千豊「ある程度許容して」歌舞伎町殺人事件の『トー横キッズ』報道へ噴出する不満に反論

トー横のハウル、小川雅朝被告とは?

広告の後にも続きます

名前:小川 雅朝(おがわ まさとも)

愛称:ハウル・カラシニコフ

年齢:32歳

職業:介護士→入れ墨の彫り師見習い

所属:歌舞伎町卍会 代表

小川雅朝被告、ボランティア団体「歌舞伎町卍会」代表。別名、ハウル・カラシニコフ。16歳の少女にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された後、東京拘置所に勾留されており、14日に死亡が確認されたことが分かった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル