top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

YouTubeファンフェス2022、全出演者を発表 現地観覧の二次受付もスタート

yutura

11月14日、「YouTube Fanfest Japan 2022」の全出演者が発表されました。

YouTube Fanfest Japan 2022

「YouTube FanFest」(ファンフェス)は、2013年よりアジアを中心として世界11カ国で開催されている世界規模のYouTube公式の祭典。その年にYouTube上で話題となったクリエイターやアーティストが集結し、年間ランキングの発表や、ライブパフォーマンスをファンの前で披露する、年に1度の一大イベントです。

日本では9回目となる今回は、「リアルとオンラインのハイブリット」での開催。2020〜2021年はコロナ禍で完全オンラインでの開催だったため、有観客は3年ぶりとなります。イベントは12月6日19時より東京都立川ステージガーデンにておこなわれ、そのもようはYouTubeでも配信されます。

計18組のクリエイター・アーティストが参加

イベントの出演者は10月20日に第1弾が発表されており、今回全出演者が発表されました。

出演者は「クリエイター」枠から、「ヒカキン」(登録者数1090万人)、「はじめしゃちょー」(同1030万人)、「フィッシャーズ」(同771万人)、「東海オンエア」(同670万人)、「コムドット」(同373万人)、「平成フラミンゴ」(同323万人)、「P丸様」(同257万人)、「くれいじーまぐねっと」(同180万人)、「壱百満天原サロメ」(同167万人)、「中町兄妹」(同131万人)の「中町綾」(同118万人)、「とうあ」(同109万人)、「のがちゃんねる」(同107万人)、「デカキン」(同106万人)、「マリリン」(同101万人)、「フワちゃん」(同91万人)の計15組。

広告の後にも続きます

「アーティスト」枠として「SEKAI NO OWARI」(同166万人)、「BE:FIRST」(同56万人)、「水曜日のカンパネラ」(同38万人)の3組が発表されています。
(P丸様はナレーション出演、BE:FIRSTはVTR出演)

発表にあわせ、現地観覧の二次受付も始まっています。受付期間は本日から11月20日(日)までで、参加費は無料です。

これに加えてYouTubeは「応援ショート」動画の投稿も呼びかけています。

あなたの ”推し” な瞬間を切り抜き、応援コメントとともに YouTube ショート として投稿すると、推しのステージでピックアップされるかも!?

とのこと。出演者の動画を切り抜いてショート動画を作成し、所定の方法で公開・応募すると、“推し”のステージで動画が紹介される可能性があるそうです。

詳細はYouTube公式ブログより。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル