top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和久田麻由子アナ復帰秒読み!? 「NHKエースアナの座」“ママ豊満”引っ提げ再奪還へ

週刊実話WEB

NHK (C)週刊実話Web 

休業状態にあるNHKの和久田麻由子アナウンサーが第1子を出産したと報じられたことで、復帰秒読みとの見方が強まっている。〝ママ豊満〟を引っ提げ、エースの座を再奪還する日も近そうだ。

【関連】NHK“ポスト和久田麻由子”は誰?逸材だらけの若手女子アナ5名にズームイン!ほか

「公式的に発表していませんが、和久田アナは今年4月、商社マンの夫との間に第1子を妊娠していると報じられました。エースアナなのに実際、今春改編でレギュラーがゼロに。番組に出ることもほとんどなくなり、産休に入ったとみられていました。そうした中、10月27日に一部スポーツ紙が〝今夏に第1子を出産していた〟と報じたのです」(女性誌記者)

和久田アナは東大を卒業後、2011年に入局。『おはよう日本』『ニュースウオッチ9』など看板報道番組を担当してきた。19年、21年には『NHK紅白歌合戦』司会を務め、21年夏の東京五輪では開会式中継を担当するなど〝NHKの顔〟として大活躍。

「近年は1年先輩の桑子真帆アナとツートップで2大エースでしたが、21年夏の東京五輪閉会式中継で言い間違えをするなどした桑子アナに比べ、完璧なアナウンス技術を持つ和久田アナがややリードしていた印象でした。しかし、産休に入った今春以降は桑子アナが巻き返し、看板番組『クローズアップ現代』キャスターに就任したり、今年大みそかの『紅白』では4回目の司会に決まるなど、〝単独エース〟モードに入っていました。ただ、和久田アナが無事第1子を出産したことが事実であれば、復帰の日は近い。エースの座を〝再奪還〟する可能性が高まっています」(放送記者)

出産を機に「退局説」も囁かれていたが…

和久田アナは19年2月、早大時代に箱根駅伝ランナーを務めた商社勤務の恋人と結婚。夫に海外赴任の可能性があることなどから、出産を機に「退局説」も囁かれていた。

広告の後にも続きます

「夫はすでに一度、海外赴任をしているとされ、今後も再び別の外国に赴任する可能性があると報じるメディアもありました。そうしたことから、和久田アナが夫と一緒に暮らすことを視野に入れ、出産を機に退局するのではとの見方も局内外で出ていました。しかし今回出産を報じたスポーツ紙によると、和久田アナは子育てが一段落したら仕事復帰したいという趣旨のことを話しているといいます。実際、和久田アナはNHKのエースアナとして復活する気満々といわれ、独立の可能性は低いとみられます」(NHK関係者)

和久田アナは子供を産んだことを機に、さらに〝ボリューミー〟に変身しているという。

「和久田アナはもともと、グラドル並みの肉感的ボディーの持ち主で知られていました。21年の紅白で司会を務めた際などは、肩や胸付近を大胆に露出したドレスを着て、視聴率が上がったといわれたほどの華やかな一面を披露しました。和久田アナは早ければ年明けごろのバラエティーや歌番組系の特番司会などで単発の復帰を果たし、来春改編でニュース帯番組キャスターに復帰するとみられています。単発復帰の際などは、大きく成長した〝ママ豊満〟をアピールする衣装を見せ、〝艶やか人妻路線〟も打ち出すのではないかとの見方が有力です」(同・関係者)

本格復帰すれば、桑子アナの存在がかすんでしまうかもしれない。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル