top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

蝶野正洋『黒の履歴書』~とても不義理なダブルブッキング

週刊実話WEB

蝶野正洋 (C)週刊実話Web

なんでもありに思われがちなプロレス界においても、あってはならないことなんだけど、いわゆる「ダブルブッキング」が起きてしまったようだ。

カール・アンダーソンという外国人選手のNEVER無差別級タイトルマッチが、11月5日の新日本プロレス大阪府立体育会館大会で行われる予定だったんだけど、アンダーソン選手が一方的に来日拒否。試合が中止になってしまった。

【関連】蝶野正洋『黒の履歴書』~“円安”でも出掛けて経済を回そう! ほか

アンダーソン選手は、同日の11月5日に行われたWWEのサウジアラビア大会への出場を明言していて、どうやら日米2つの団体を天秤にかけたと思われる。

試合を組むマネジャーが、よっぽどやらかしたという可能性もあるけど、これはダブルブッキングというよりも、最初からWWEに行くつもりだったんだろうね。

アンダーソン選手は、新日本プロレスがかつて運営していたLA道場で寝泊まりしていたという苦労人で、2008年ごろからレギュラー参戦を始めて常連となり、IWGPタッグのベルトも巻いている。

広告の後にも続きます

それが2016年に新日本を退団してWWEに移籍。しばらく中堅どころで活躍してたけど、20年に解雇されてしまった。それで今年の5月くらいから再び新日本プロレスのリングに上がっていたんだけど、結果的に砂をかけて出て行ったってところだね。

こういう調子のいいヤツは、どの世界にもいる。自分に価値があると見せかけて、さんざん焦らして、結局は自分の都合だけで動く。大物ぶってるけど、やってることは小物というタイプだよ。

プロの世界だから、少しでも条件のいい所を選ぶという姿勢は間違ってはいない。でも、世話になった人たちに不義理をしてはいけないというのもまたプロの世界なんだよ。

チャンピオンベルトも所持したまま…

こういうダブルブッキングがあった以上、アンダーソン選手はプロレス業界全体から信頼されなくなる。今後はどの団体もオファーしなくなるんじゃないかな。

ただ、裏切られた新日本プロレス側にも脇の甘いところがあったと思う。選手側の立場が強くなったということもあるけど、昔のような業界事情に精通したタフなネゴシエーターがいなくなったのかもしれないね。

こうなったらタイトルを剥奪して契約を切ればいいんだけど、プロレス界ならではの問題があって、アンダーソン選手がチャンピオンベルトを持って行ったままみたいなんだよ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル