top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

低音を聞くと、人間は本能的に踊りたくなるという研究結果

カラパイア


 太古の昔から人類は音楽と踊りと共にあった。音楽が流れると体が勝手にリズムをとり、踊りたくなってしまうことはないだろうか?

 実はそのカギを握るのが「超低音」なのだという。しかも、実際に聞こえている必要すらない。

 新たな研究で、電子音楽のライブの最中に3 – 30kHzの周波数の電波「超長波(VLF)」を流すという実験を行った。その周波数は非常に低く、人間の耳にはほとんど聞こえない。それなのに来場者はノリノリで踊るようになったという。

 カナダ、マクマスター大学の神経科学者ダニエル・キャメロン博士は、「低音は人を踊りたい気分にさせます。それは意識を超えたものです」と語る。


聞き取ることのできない超低音が踊りに及ぼす影響

 キャメロン博士らは、これまでの研究を通じて、踊りたくなるような音楽には低周波数が多く含まれていることや、人は低音があるとそれに合わせて体を動かしやすいことを発見していた。

 だが、もしも人間の耳には聞こえないほどの低音だったどうなるのだろうか? また、そもそも実験室での結果が、現実世界でも同じように再現されるとは限らない。

 そこで今回、学術誌『Current Biology』(2022年11月7日付)に掲載された研究では、カナダの電子音楽デュオ「Orphx」のライブを開催。

 55分間の演奏中、特殊なスピーカーで3 – 30kHzの周波数の電波、「超長波」を流したり、停止したりしながら、来場者の”ノリ”を動きを検出するヘッドバンドで測定した。

photo by Pixabay

超低音を流すと、踊る来場者が増加。

 その結果、超長波を流している間は、来場者の動きが平均11.8%増加することがわかった。つまり、より激しく、より大きく踊っていたのだ。

 ライブ終了後に実施されたアンケート調査によれば、来場者(51名)は音楽を身体で感じ、それによって踊りたい気分になっていたことがわかった。

 だが、来場者には超長波が本当に聞こえていなかったのだろうか? じつは聞こえており、そのせいでノリノリになっていただけではないのか?

 そこで今度は参加者(17名)に、先ほどのライブの映像と、映像は同じだが超長波が流れていない映像を観てもらい、違いを区別できるかどうか試してみた。

 その結果、参加者はほとんど違いを区別できないことが明らかになった。

 つまり、ライブの来場者は、本当に超長波が聞こえていなかったのだ。それなのに、なぜだか踊りたくなっていたのである。

photo by Pixabay

耳に聞こえない音を皮膚や体内がキャッチする?

 なぜ、まったく意識されていないのに、超長波で踊りたくなったのか?

 キャメロン博士らによると、耳に聞こえない超長波は、皮膚や体内の「機械的受容器」や、バランス感覚に関係する「内耳の前庭系」によってキャッチされている可能性が高いのだという。

 英ダンディー大学の認知神経科学アン・カイテル博士は、超長波の影響はそれほど大きなものではないが、驚くほど一貫しているように思えると、第三者の立場から説明する。

 今後の研究課題としては、耳に聞こえていない音が脳に及ぼす影響の解明などが考えられるそうだ。

 なぜ聞こえない音にも反応するよう私たちは進化したのか? それは本能のようなもので、古くから音楽と踊りと共にあった人類のDNAに刻まれているとでもいうのだろうか?

 踊りたくなる以上の深淵なる真実がそこに隠されているのかもしれない。

References:Inaudible, low-frequency bass makes people boogie more on the dancefloor : NPR / Bass instinct: low notes really do get people dancing, research finds | Neuroscience | The Guardian / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル