top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

14歳少女、祖母の金庫から約200万円を盗みクラスメートに配る 少女は窃盗罪で逮捕

リアルライブ

 身近な人が犯人という事件は珍しくないが、海外では高齢者の現金が盗まれる事件の犯人が孫に当たる14歳の少女だったことが発覚。盗んだ現金が意外なことに使われていたことが分かった。

 アメリカ・フロリダ州で、中学校に通う14歳の少女Aが祖母の金庫から約1万3500ドル(約197万円)を盗み、全てクラスメートなどに配ったことが発覚した。海外ニュースサイト『USA TODAY』と『NBCNews』、『Mirror』などが10月22日までに報じた。

 ​>>誕生日に夜の営みを拒否されて激怒、14歳年上彼女を惨殺 頭部を切断した男を逮捕<<​​​

 報道によると10月20日、少女Aが通う中学校の責任者が警察に「学校で現金が配られている」と報告した。現金は200、400、700ドル(2万9000〜10万2000円)の単位で配られていたそうだ。学校側は生徒から「何者かから現金を受け取った」と報告を受け、警察に相談したとみられている。通報を受けた警察は学校で捜査し、生徒らのカバンを捜索した。すると少女Aのリュックサックの中に約2500ドル(約36万5000円)が入っているのを発見。どのようにして金銭を受け取ったのか問うと、少女Aは当初「お金を配っていることを広めてほしいという、知らない元生徒からお金をもらった」などと話していたそうだ。

 しかし警察が何度も質問すると、最終的に少女Aは金銭が祖母のものだと言った。少女によると祖母の家に入り込み、ドライバーを使って祖母の金庫を開け金銭を盗んだそうだ。少女と祖母は別の家で暮らしていたとみられる。少女Aは盗んだ金銭の全てを学校のほか、バス停でも配ったという。面と向かって配ったのか、こっそりと相手のカバンに入れて配ったのかなど、具体的な配布方法は不明。ただ、少女Aが金銭を渡してきたと生徒が伝えたという報告はない。少女は窃盗罪で逮捕された。

 現在までに少女Aはなぜ金銭を盗み、配った理由を警察に明かしていない。祖母の代理人は盗まれた金銭は家を売却して得たもので、金銭を盗まれたことは「ひどい出来事だ」と語っていたという。

 警察と学校側は配られた金銭の回収に努めており、現在までに2500ドル(約36万5000円)が回収されている。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「いくら身内でもお金だし、ましてやそんな大金を盗むのはいけないこと」「ドライバーを使って金庫を開けたというのが計画性があって怖い」「少女のしたことはいけないことだけど、お金は自分のために使ったわけではないし窃盗罪になってしまったことに違和感がある」「盗みが悪いことだと知るためにも今回しっかり捕まってよかった」「盗んで配った理由を知りたいけど、この年頃の子は大人が理解できない行動をすることがある」「全てのお金が回収される可能性は低そう。祖母に同情する」といった声が上がっていた。

 たとえ金銭を盗んだ相手が身内でも、またその金銭を自分のために使ったわけでなくとも窃盗は窃盗である。少女Aはきちんと反省する必要があるだろう。

記事内の引用について
「14-year-old girl stole more than $10K from her grandma's safe and gave it to classmates」(USA TODAY)より
https://eu.usatoday.com/story/news/nation/2022/10/23/florida-girl-steals-grandmother-life-savings-middle-school/10582865002/
「Florida student gives out $10K to classmates after allegedly stealing grandmother's savings, police say」(NBCNews)より
https://www.nbcnews.com/news/us-news/florida-student-gives-10k-classmates-allegedly-stealing-grandmothers-s-rcna53556
「Girl, 14, steals £9,000 from grandparents and hands out cash to classmates」(Mirror)より
https://www.mirror.co.uk/news/us-news/girl-14-steals-10k-grandparents-28304388

TOPICS

ジャンル