top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

イスラムアート美術館の様子【マレーシア】

ワウネタ海外生活


イスラム教徒の多いマレーシアでは、イスラムアート美術館が市内にあります。

クアラルンプール市内の観光スポットの一つでもあり、宗教を問わず色々な人種が入って楽しむことができます。

モスクとは違い、特に肌を隠す服装などは必要ありませんが、中は冷房が効いているので羽織るものを持っていくことがおすすめです。

絵画や建築の模型などの展示を楽しめる他、イスラム教の歴史についても地図と年代を見ながら学ぶことができます。

中東やヨーロッパだけでなく、中国やマレーシアなどアジアにも伝わり、歴史に大きく影響を与えていることを知ることができました。

展示されているコーラン(聖典)の中にはルーペで拡大しないといけないほど小さな文字で書かれているものもあり、印象的でした。

また、世界各地にあるモスクの模型が展示されているコーナーもありました。

天井部分はモスクのように円形でデコレーションがされてあり、写真撮影を楽しむこともできます。

お土産店では、イスラムアートの雑貨、絵画などが売られてあり、手軽に購入できるものもあります。

日本ではなかなか見ることができないイスラムアートを満喫できる一日となりました。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル