top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世界初、研究室で作られた培養血液を人間に輸血する臨床実験が行われる

カラパイア


 英ケンブリッジ大学の研究チームによって、人体に実験室で作られた「培養血液」が輸血されたそうだ。

 輸血された血液細胞は、人間の幹細胞から培養されたもの。実験室で培養された赤血球が、本人以外に輸血されたのは世界初のことだ。

 治験を通じて安全性と有効性が確認されれば、鎌状赤血球症のような血液疾患や、珍しい血液型の持ち主など、輸血用血液の入手が困難な人々の治療に革命をもたらす可能性があるそうだ。

まずは培養血液細胞の寿命の確認

 この治験で調べているのは、培養された血液細胞の寿命だ。

 培養血液なら新鮮なものを輸血できるので、さまざまな年齢の細胞が含まれた一般的な献血用血液に比べて、体内でより長持ちするだろうと期待されている。

 これが本当なら、定期的に血液を必要とする患者は、輸血の回数を減らすことができるかもしれない。それは頻繁な輸血による鉄過剰症(深刻な合併症を引き起こす)の予防にもつながる。

実験室で作られた培養血液 / image credit:NHS Blood and Transplant

2人の患者に微量の培養血液を輸血

 培養血液はこれまでに2人の患者に輸血された。

 ティースプーン1~2杯分(5~10ml)程度が輸血されたが、これまでのところ有害な副作用は報告されておらず、患者は元気で健康であるとのことだ。

 輸血された培養血液は、英国民保健サービス献血部門(NHSBT)の登録者から提供された血液の幹細胞を分離し、これを培養して赤血球にしたものだ。

 予定では、今後少なくとも10人に4ヶ月間隔で2回輸血される。

 1回は普通の献血用血液で、もう1回は培養血液だ。こうした治験を通じて、培養された新鮮な赤血球が、体内で作られたものより長持ちするかどうか確認される。

First ever clinical trial of lab-grown red blood cell transfusion

 医療の現場で培養血液が使用されるようになるまでには、まだまだ治験を重ねる必要がある。

 だがその有効性と安全性が実証されれば、珍しい血液型の持ち主や難しい輸血を必要とする患者の治療に革命が起きるかもしれない。

 NHSBTの輸血メディカルディレクター、ファルク・シャー博士は、プレスリリースで次のように述べている。
定期的に輸血を必要とする患者は、珍しい血液型への抗体ができてしまうことがあり、安全に輸血できる血液がなかなか手に入らないことがあります。

この世界最先端の研究は、鎌状赤血球症のような血液疾患の患者でも安全に輸血を受けられる赤血球開発のベースとなるものです
 鎌状赤血球症とは、鎌状(三日月形)の赤血球と、異常な赤血球の過剰破壊による慢性貧血を特徴とする、遺伝性のヘモグロビン(酸素を運搬する赤血球内のタンパク質)の遺伝子異常だ。

 貧血、発熱、息切れなどが悪化し、長管骨、腹部、胸部などに痛みを伴うことがある。電気泳動法と呼ばれる特別な血液検査を使用して、鎌状赤血球症かどうかを判定することができる。

 なお、培養血液はあくまで輸血が難しい患者たちを助けるためのもので、普通の輸血のほとんどは、今後も献血によってまかなわれるだろうとのことだ。

References:First ever clinical trial of lab-grown red blood cell transfusion | University of Cambridge / First ever clinical trial of laboratory grown red blood cells being transfused into another person – NHS Blood and Transplant / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル