top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

あなたの一歩が未来を創る『U-16 プログラミングコンテスト 八王子大会』

八王子ジャーニー

未来のプログラマーが集うアツい大会が10月23日(日)に行われました。
八王子市の小学1年生から中学3年生までの生徒22名が参加し、昨年よりさらにパワーアップした大会の模様をお届けします!

U-16 プログラミングコンテストとは?

『八王子をプログラミングの街に!』そんな願いから去年から開催となった当コンテスト。

小中学生が日頃のプログラミング学習成果を活かし、創造性や問題解決能力を競う大会です。

U-13部門(小学生部門)ではプログラミング教育として広く普及している『Scratch』と『micro:bit』を使った作品を発表。
U-16部門(中学生部門)では自由な開発環境で完成させた作品を募集し、各々の独創的なアイデアを形にして披露します。

開会式では衆議院議員 萩生田光一氏からの挨拶もございました。

審査基準

広告の後にも続きます

どちらの部門もエンタメ性が優れていたり、より生活などが便利になるような工夫が凝らされているかを重視。
また、プログラムでしか実現できない作品を高評価の対象としています。
例えば、物語の単純な紙芝居のようなスライドのようなものだと、プログラムではなくても実現できるので評価は低くなります。

発表方法は、何の役に立つのか、どんな人が使うのかわかるように発表者が自ら操作しながら時間内に解説します。
審査時間5分間(質疑応答込み)

前半戦の模様・U-13部門(小学生)

自ら音楽や素材を1から作成したり、どの作品も創意工夫を感じられました!

リモートでの発表も↓

大会最年少は小学1年生!一生懸命発表する姿に場が和みました(笑)

後半戦の模様・U-16部門(中学生)

かなりレベルの高い戦いとなりました。それぞれオリジナリティや実用性に優れた作品をプレゼン。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル