top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

この3県のうち、もっとも竜巻が多いのは?

防災ニッポン

 ※1991年~2017年の「竜巻などの突風の発生数」で比較

A)奈良県

B)北海道

C)広島県

答えは次のページへ!

答え:B

広告の後にも続きます

同じ日本列島の中でも、実は竜巻が多い地域と少ない地域があります。ずばり、もっとも多く発生しているのは北海道。太平洋・日本海に面した沿岸地域であること、発生した空気の渦が勢力を保つための広大な平地があることなど、竜巻が起こりやすい条件がそろっているからです。
逆に、広島県や大阪府などの瀬戸内海に面した地域、奈良県や滋賀県などの内陸地域などでは、あまり竜巻が発生しません。ここ27年間(1991年~2017年)の竜巻などの突風の発生数を比べてみても、北海道では47回、広島県や大阪府では0回と、かなりの地域差があるようです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!
竜巻発生ランキング!最多北海道、最少大阪と広島 なぜ?

〈執筆者プロフィル〉
ムギ
フリーランスライター

<関連する記事はこちら>
【気象予報士が解説】気温急降下!秋は「寒冷前線」の動きに注目

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル