嵐・相葉雅紀「今も強くなりたいって思う」自身が大事だなと考える“人としての力”についても持論を展開
嵐・相葉雅紀「今も強くなりたいって思う」自身が大事だなと考える“人としての力”についても持論を展開
「TVガイドAlpha EPISODE P」10月31日(水)発売
「TVガイド」などのテレビ情報誌を発刊する東京ニュース通信社は、ハイグレードなグラビアと深掘りしたインタビューをフィーチャーしたビジュアルマガジン「TVガイドAlpha」の最新号「EPISODE P」を本日10月31日に発売しました。

写真集のようなビッグサイズの判型で、毎号好評を博している「TVガイドAlpha」。アルファベットの頭文字(A〜Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、最新号はそれぞれが「P」で始まる言葉にちなんだエピソードを届ける。

嵐・相葉雅紀が満を持して「TVガイドAlpha」の表紙に初登場。「P=Power」をテーマに、巻頭12ページにわたって、相葉の秘められた静かな強さ、さまざまな経験で養われた精神力、人を許し、人を守り、人を幸せにするチカラについて深く掘り下げる。グラビアでは、何もない深い青の世界に1本の道だけが敷かれた、シンプルな空間で撮影。静かなる強さを宿した眼差し、まっすぐ前を見据えた視線、逆境にもくじけず踏み止まる姿などを切り取り、まさに今回のテーマを体現した写真となっている。

インタビューでは、自身のことを「強いなんて思ったことはない」と言いつつも、「年齢を重ねるごとに少しは強くなったのかな。それでもまだ弱いなって感じることのほうが多い。だからこそ、今も強くなりたいって思う」と分析。さらに、相葉が大事だなと考える“人としての力”についても持論を展開。相葉の口から語られる感性豊かな言葉の数々に注目だ。

ほか、Sexy Zoneを代表して佐藤勝利&マリウス葉、山田孝之、高橋一生、林遣都ら人気俳優陣が登場。King & Princeからは平野紫耀、高橋海人、神宮寺勇太、岩橋玄樹の16ページにわたる特大グラビアが組まれている。

【ラインナップ】
表紙&巻頭グラビア 
相葉雅紀:放送中の主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」で演じるのは、心優しき獣医役。ドラマ撮影秘話のほか、相葉がまとう“静かなる強さ”の源をひもとく。
  ◆
佐藤勝利×マリウス葉:ニューシングルリリース。Sexy Zoneとして、変わらずに持ち続けたい”純粋な想い”。

平野紫耀:主演映画「ういらぶ。」公開直前。平野流“お姫様”扱いや、恋愛観を聞く。

高橋海人×神宮寺勇太×岩橋玄樹:King & Princeとしてデビュー後の初主演ドラマ。3人の“役”との向き合い方に迫る。

山田孝之:主演映画「ハード・コア」公開。俳優の枠を超えて活躍する山田の”好きな作品”の基準とは。

高橋一生:秋ドラマ「僕らは奇跡でできている」主演。代表作を更新し続ける高橋の “人生の目的”に迫る。

林遣都:今、最も注目される若手俳優・林遣都。彼の”ポリシー”から見えてきた、人としての魅力。

東京B少年:結成から3年。新たな魅力を携え、今まさに“羽ばたく”、6人のこれまでとこれから。

なにわ男子:勢いにのる関西ジャニーズJr.の新ユニット。その力を“見込まれた”7人の思いとは。

レスリー・キー連載 EPISODE.2
MIYAVI
レスリ・キー連載の3回目は、ギタリストとしては勿論、俳優としても世界で活躍するMIYAVIが登場。

ステージリポート
ジャニーズ伝説2018:ジャニーズの物語を、次の“時代”へと受け継がれるであろう圧巻のパフォーマンスで。

商品概要】
TVガイドAlpha EPISODE P
●発売日 : 10月31日(水)※一部、発売日が異なる地域がございます
●定 価 : 本体824円+税

◆TVガイドAlphaについて
本誌の最大の特徴は、B4変型サイズ(330×238)という超ビッグサイズな雑誌サイズに、圧倒的迫力のグラビアが並ぶところ。「TVガイド」を冠したシリーズ誌のなかでも最も大きな版型です。写真集のようなハイグレードなグラビアと、内面に深く迫るインタビューをフィーチャーしたビジュアルマガジンとなっております。

タイトルの「Alpha(アルファ)」には「Alphabet」と「α」という2重のメッセージが込められていて、「α」は「それ以上の幾らか」という意味を持ちます。それは、“TVガイド以上”、“TVガイドの先”を目指すことを意味しています。

本作はタイトルの「Alpha」が表すように、毎号アルファベットの頭文字(A〜Z)をテーマに、今の時代を象徴する最も旬な人やグループを、今の時代の旬なカメラマンが、こだわり抜いた世界観で撮り下ろします。

(更新日:2018年11月1日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME