松本穂香、超急勾配の坂道を自転車全力疾走で筋肉痛必至!?「爽快感いっぱいのCMになりました」
松本穂香、超急勾配の坂道を自転車全力疾走で筋肉痛必至!?「爽快感いっぱいのCMになりました」
大王製紙「エリス コンパクトガード」新CM『いけいけコンパクトガード』篇、2018年11月3日(土・祝)よりオンエア開始
大王製紙株式会社は、活動的な女性に向けた超スリムタイプの生理用品「エリス コンパクトガード」を、2018年11月1日(木)より新発売します。
また、CMキャラクターに松本穂香さんを起用した新テレビCM『いけいけコンパクトガード』篇を、2018年11月3日(土・祝)より、全国でオンエア開始いたします。
 「エリス コンパクトガード」のCMは、“活動的な、がんばる女性を応援する”がテーマです。
松本さんはこのCMで、等身大の働く女性を演じています。CM中に松本さんが歌う「いけいけマツモト!」という応援歌は、自分自身への応援でもあり、また、同じようにがんばる同世代の女性たちへの応援でもあります。
 CMの撮影は、急勾配の坂道で行われ、松本さんはその坂道をひたすら自転車で漕ぐという撮影に挑戦しました。松本さんの必死な表情や、坂をのぼりきった時の晴れやかな笑顔、サーッと坂をおりる時の爽快感いっぱいの弾けるような笑顔など、このCMの中に松本さんの魅力的な素の表情がぎゅっと詰まっています。この撮影で、松本さんがのぼり坂で漕いだ自転車のシーンは優に30テイク以上!
松本さんの見た目からは想像もつかない驚きの脚力と気合いで、撮影を乗り切りました。
CMを見た人が朝から元気になるような「エリス コンパクトガード」の新CM、『いけいけコンパクトガード』篇に、ご期待ください。

●新テレビCM『いけいけコンパクトガード』篇ストーリー
早朝、自転車を立ち漕ぎする松本さんの後ろ姿。
出勤のために急な坂道を必死に漕いでいます。
ハンドルをギュッと握り、力いっぱいペダルを漕いで、ちょっとくらい辛くても全力でがんばる松本さん。
一生懸命に坂をのぼりながら、自分への応援歌を歌い続けます。
♪いけいけ マツモト!山あり谷ありマツモト!
なんだ坂 こんな日も なんだこら仕事だ! 負ーけるな! マツモト!
ようやく坂をのぼりきったその時、達成感でいっぱいの笑顔になります。
そして、がんばってのぼった後は、お楽しみのくだり坂。
ヒューっと坂道を気持ちよく下っていきます。

●撮影レポート
「ここからあちらに向かって坂をかけ上がっていただきます。」と、監督が指差したその視線の先には急な坂道が。監督から演出説明を受けた松本さんは、目の前の坂を見て、驚きと不安と楽しみが入り混じったようなちょっぴり複雑な笑みを浮かべます。そう、今回のCM撮影のロケ地は、いくつもの急な坂がある“坂道”で、松本さんは自転車をひたすら漕ぐという撮影なのです。
早速、赤い自転車にまたがり最初の坂を漕いでみました。坂の途中からの撮影は十分な助走ができず、漕ぎ出しが大変なはずですが、松本さんの見た目からは想像できない脚力で、ふらつくことなく難なく坂をのぼっていきます。「この坂は一番緩い坂らしいです。高校生の時はずっと自転車通学をしていたので、それを生かして気合いでがんばります。」と語る松本さんは、まだまだ余裕の表情です。
次のシーンを撮影するため、第2の坂道に移動しました。「坂がさっきよりも急なので、さらに大変なんですけど、がんばってください。」という監督の激励で、撮影スタート!
歌を歌いながら急な坂道で自転車を漕ぐのですが、さすがの松本さんもこの第2の坂にはかなり苦しめられている様子。ペダルを力いっぱい漕ぐ松本さんの脚はぷるぷる。ふらふらしながらもゆっくり坂をのぼっていく自転車。必死な様子はその表情からも十分に伝わってきます。「♪いけいけ マツモト なんだ坂 こんな日も なんだこら仕事だ! 負ーけるなぁぁぁ!!マ〜ツモトォォォ!!」と、歌の最後の方は気力を振り絞るように大絶叫!それでも驚異的な脚力と気合で見事に坂をのぼりきったのでした。
撮影終了後は、「思っていた以上(に急な坂)でした・・・つらい(笑)」と息を切らして思わず本音が
ポロリ。それもそのはず、この日松本さんがのぼり坂で自転車を漕いだシーンは30テイクを優に超えていました。撮影で思わぬ坂道の洗礼を受けた松本さん、翌日はきっと筋肉痛に襲われたに違いありません。


●松本穂香さんのコメント
私、松本穂香が出演する新CMが完成しました!思いっきり自転車を漕いで、坂道をのぼっておりる、爽快感いっぱいのCMになりましたので、みなさんぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=PEHSXhwKD2o

(更新日:2018年11月1日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME