top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「鎌倉殿の13人」横田栄司と秋元才加が語る和田義盛の壮絶な最期! 「和田義盛という人物が、僕は日本の中で一番好きな日本人になった」「『何てかわいらしい人と一緒になれたんだろう』と」

もっとエンタメ

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。10月30日放送の第41回「義盛、お前に罪はない」では、歴史上有名な“和田合戦”が繰り広げられた末、長年、鎌倉幕府を支えてきた御家人の和田義盛が壮絶な最期を遂げた。これに関連して、義盛役の横田栄司と、義盛の愛妾・巴御前役の秋元才加がコメントを発表した。

 横田はまず、義盛の最期を演じたときの気持ちを次のように述懐した。

 「巴さんにも、畠山重忠にも、『おまえは生きろ』だとか、『もうちょっと生きていようぜ、楽しいこともあるぞ』なんて言っていた人が、結局ああいう死に方をしてしまうのが、時代なのか、運命なのか。『和田義盛は何を抜かったんだろう』なんてことを考えながら演じていました」

 続けて、「最期のシーンの、矢がいっぱい刺さったよろいというのは、作るのも大変なよろいでして、本当にスタッフの皆さんに感謝しながら横たわっていました」と撮影を振り返った。

 義盛を討ったのが、北条義時(小栗旬)と三浦義村(山本耕史)だったことについては、「和田義盛はどう思っていたか分からないですけれども、私としては、義時も義村も理由があって生きている、生き延びていくという時代ですから、生き延びていくための最善の手段を彼らも取っているはずで」と分析。

広告の後にも続きます

 「そういう意味では、ある部分、気の毒な面もありますし、それで失った心だとか、失った仲間や家族だとか、そういうことも彼らは抱えていると、和田義盛も横田栄司も知っているので、こういう時代だからこそ、これはこれで『しかたあるめぇ』と」と長年共に戦ってきた仲間に理解を示した。

 だが同時に、「義盛は『まぁ、おまえたちもな、よくやってるよ。じゃあ元気で生きていてくれよ。生きてりゃ楽しいこともあるぞ』という、ちょっと『悔しいけどな』とか、『ちくしょー』という気分もありながら、彼らのことを見つめていました」と本音もチラリとのぞかせた。

 そして、ここまで演じてきた義盛については、「本当に、立派な人物ではないのかもしれないですけれども、真っすぐな男…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル