韓国の秋の風物詩?そこらじゅうの道端に唐辛子が…
韓国の秋の風物詩?そこらじゅうの道端に唐辛子が…
韓流老舗モバイルサイト「韓流大好き!」では、韓国在住9年目の日本語教師“クロヤン”がユーザーからの質問に答えます!今回は…「クロヤンが見つけた韓国の秋の風物詩」
秋と言えば食欲!紅葉!そのどちらにも通じるものを韓国で見つけました!

そよ風も冷たくなり始め、冬のキムジャン(キムチ作り)準備もそろそろ始めないといけない時期ということで…ソウルではだいぶ見られなくなったはずなのに、なぜかクロヤンが歩く道ではあちこちでこんな風景が広がっています。

ジャジャーンッ!!

これは、収穫した唐辛子を乾燥させて、粉末にするための下準備をしているところです。

太陽の光をたくさん浴びさせて乾燥させると美味しいコチュカル(唐辛子粉)になるそうで、今でも地方の田舎ではあちこちで見られるごく普通な年中行事なのですが、観光で韓国に来た方には中々出遭うチャンスがないかな?

もし「見たい!」という方は、観光地でも、ソウルのど真ん中から少し離れた観光地なら見ることができるかもしれません。

最近では、家でキムジャンをする家庭も減ってきていますが、チングの家ではキムジャンはもちろん、唐辛子の乾燥も自家製でしていてこれまたビックリ。

ただしアパート(日本でいう高級マンション)暮らしで道端で乾燥させることができないので、家で乾燥させるために、一度蒸した後に乾燥させ、乾燥を早くするという工夫をしているのだそうです。

本来は太陽で乾燥させると鮮明な真っ赤な色になるのですが、家で蒸して乾燥させると、こんな風にちょっと不気味な仕上がりに…
(更新日:2018年11月2日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME