映画『華氏119』はトランプ政権に一撃なるか!? 湯山玲子&中林美恵子教授が米中間選挙を予想
映画『華氏119』はトランプ政権に一撃なるか!? 湯山玲子&中林美恵子教授が米中間選挙を予想
世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーア監督の最新作『華氏119』(11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開)の公開に先駆けて、10月28日に「第31回東京国際映画祭」スペシャルトークショーが […]

世界で最も有名なドキュメンタリー作家マイケル・ムーア監督の最新作『華氏119』(11月2日(金)TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開)の公開に先駆けて、10月28日に「第31回東京国際映画祭」スペシャルトークショーが行われ、著述家、プロデューサーでもあり各メディアで活躍する湯山玲子と、早稲田大学教授であり、アメリカで10年間予算委員会補佐官(共和党)の職員としてアメリカの国家予算編成を担当していた中林美恵子教授が登壇した。

満員の会場に湯山と中林教授が登場。映画を見終わった観客に「映画見たのがつい一昨日なんですね。今、日本で初めて政治の季節がきているような気がいたします。今までは日米協定が飲み屋の話題になることはなかったんですが、やっと”政治”が近くになってきたという感じがいたします。この映画がその重大なテキストとしてあるなと思いました。」と湯山がコメント。

中林教授は「私がここにきて本当にいいのかな、と思いました(笑)。私はアメリカの議会上院で、共和党側で仕事をしておりました。マイケル・ムーア監督も大嫌いだとのろしをあげたメインストリームの中にどっぷりいたので(笑)。ムーア監督のことはまるで天敵のように見ておりました。今まで監督の映画は見ないようにしようと思っていたんですが、今回は本当に面白かった。アメリカをエッセーのような形で伝えているのですが、一番面白かったのは、オバマ大統領のことも批判しているんですよね。鉛の問題で口だけ良いことを言って、これはある意味アメリカで右側のムーブメントと左側のムーブメントで同じことが起こっていると思いました。今後のアメリカ政治を占う中でとても大事な作品だと思いました。」と話した。そしてここから湯山と中林教授のトークセッションがスタートした。

トークセッションリポート

【 アメリカと日本の政治風土の違い】
湯山:アメリカの人たちは政治に対して意識が高いですよね。いつでも政治について話せるような感じがします。日本との違いはどうなんでしょうか?

中林教授:日本の政治の中には国民参加の土壌が少ないですよね。議会の仕事が一般の人に見えにくいですよね。でもアメリカは逆で、どの人がどの政策に投票したかが分かります。通信簿がついているようなものですね。日本は大統領を直接選べませんよね。そこで参加意識が異なっているように思えます。

湯山:行動する個人が自分が動けば政治も動かせるということですが、アメリカ内でも温度が違いますか?

中林教授:アメリカの中にも忖度も存在します。若い人たちの中にもおとなしい人たちもいます。でも日本と比べて、自分たちが何かしないと動かないという気持ちが強いですね。日本だったら協調しなければならない、というメンタリティーが強い。それが政治文化として反映されているんですよね。

湯山:英語では”I”が必ずつきますが、主語が日本語には出てこないですよね。そこも文化として現れているかもしれません。」

【近年で最も大事な今回の中間選挙はトランプ大統領の中間テスト】
湯山:中林教授の著書『トランプとはどんな人』にも出てきた“中間選挙とは大統領への中間テスト”という言葉もありましたが、今回の中間選挙は歴代の中間選挙と比べると大事なものになるのでしょうか?

中林教授:おそらく、近年最も注目される中間選挙になりますね。アメリカ自体が分断された時期を迎えていると思います。ユダヤ教の礼拝所が銃撃されてしまったり、民主党の支持者に爆発物が送られたり、暴力的な行動までもが起こっていますね。これらも中間選挙に影響を与えると思われます。アメリカではオクトーバーサプライズというのがあるんですね。これらも選挙に影響を与えると思われます。

湯山:そんな中、民主党の状況はどうですか?

中林教授:アメリカで今一番注目されている選挙を予想するサイトがあって、下院は民主党、上院は共和党と予想しているんですね。どちらが勝つとは言いにくい状況です。どちらかでも民主党が勝つとトランプ大統領はやりにくい状況になりますね。

湯山:共和党の中でも反発が出てきていて、そこも見ものですよね?

中林教授:大事な要素ですね。実はトランプの側近であったバノンさんも映画を作っています。共和党応援のメインストリームは信用できない、と言った映画を作っているんですよね。ムーア監督とは同じことを共和党側からしている、というところです。ここがアメリカの未来を占う部分だと思います。ワシントンはこの動きに脅威を感じています。

【アメリカの未来を担うミレニアル世代】
湯山:最後に、映画でも希望として描かれているアメリカのミレニアル世代についてどう思いますか?

中林教授:私の著書でも彼らに関してはページを多く割いて書いております。アメリカの将来にとって重要な世代だからです。ヒラリーが負けてしまったのはその世代に背を向けられたのが大きいと思います。問題は彼らがあんまり投票所に行かないんですよね。「絶対選挙に行きますか?」という質問をした時に、65歳以上の人の82パーセントが「行く」と言っている中、若い人たちは26パーセントくらいしか「行く」と言っていないんですよね。いくら意見を持っていても、選挙に行かないと選挙結果にはインパクトを与えられません。テイラー・スウィフトさんが選挙に行きましょうって言いましたよね。彼女もそこを危惧していたんだと思います。

【STORY】
2016年11月9日、トランプは米国大統領選の勝利を宣言-その日、米国ひいては世界の終りは始まった?! なぜこうなった? どうしたら止められる? ムーア節炸裂! 宿命の戦いに手に汗にぎるリアル・エンターテイメント!

作品情報

映画『華氏119』 
11月2日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー

監督:マイケル・ムーア
出演: アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ
配給:ギャガ
原題:Fahrenheit11/9
©2018 Midwestern Films LLC 2018

映画『華氏119』はトランプ政権に一撃なるか!? 湯山玲子&中林美恵子教授が米中間選挙を予想は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2018年10月30日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME