top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「つまみ出せ!」ランジャタイが「解散」も迫られた衝撃オーディョン現場

アサ芸プラス

 お笑いコンビ「ランジャタイ」(伊藤幸司、国崎和也)が、なんと過去に一度「解散」していたことを打ち明けた。

 セオリー無視の自由すぎる芸風のランジャタイ。お笑いを始めた頃からそのスタイルはあまり変わっていないというが、仰天のエピソードが明かされたのは10月1日に放送された「おかべろ」(関西テレビ)にゲスト出演したときのこと。

 MCのナインティナイン・岡村隆史が「誰かにネタ見せした時に『えっ、何それ?』みたいなのは結構あったんじゃない?」と聞くと、国崎は「結構ありましたね」と即答。さらにオーディションでのネタ見せ審査の際に、こんなショッキングな出来事があったという。

「重鎮みたいな人が見てて、芸人のネタに対して誰ひとり笑わないんですよ。でも、僕らがやった時だけ、作家の方が(手に顎を乗せたポーズで手と顎を震えさせ)こうなって。僕らはやりながら『これは来たぞ!』と。もうちょいしたらドンと来てオーディションに受かろうと思ってたら、その作家が『うるさいなぁ! うるさいんだよ! 出ていけ!』って」

 さらにその作家は伊藤に対し「こいつ(国崎)をつまみ出せ!」と激怒し、部屋を出ていこうとすると、なんと「待て! 解散しろ!」と要求。国崎は「本当にその場で解散して。『今日でやめます。ありがとうございました』って言って…。で、(部屋の)外に出てもう1回再結成したんです」と振り返り、岡村を大笑いさせた。

広告の後にも続きます

「審査員には激怒されたランジャタイですが、ネタで等身大パネルを使っているオール阪神・巨人の巨人には、手紙を送ると電話で『おおいにやってください』と公認され怒られていないとか。ただ、阪神には許可を取っていないと明かし、岡村は仰天。『阪神師匠のほうが怒ったらホンマに怖いで!』と慌てさせていました」(芸能ライター)

「天才芸人」とも呼ばれるランジャタイだが、お笑い界でも「0か100」と評価が分かれるという芸風だけに、エピソードに登場した作家にとっては「0」の方だったのだろう。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル