top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「アイドルのいる生活」のもか、活動休止の相方への思いを涙ながらに吐露

yutura

10月6日、「アイドルのいる生活」(登録者数51万人)が「死にたかった…生きる価値のなかった私の人生を全部暴露します。活動休止とその後について。」を公開しました。

相方の活動休止について心境を吐露

アイドルのいる生活は、ミヤビと萌香(もか)の男女コンビYouTuberで、もかは現役の地下アイドルとしても活動しています。二人は小学校時代からの幼なじみで、同居しているものの交際はしていません。

そんな中、ミヤビはもかへの恋心を動画で打ち明けると、意を決してもかに告白。しかしもかは「恋愛経験がないから好きか分からない」、YouTubeとアイドル活動の両立で精神的余裕がなく「自分のことしか考えられない」などと答え、ミヤビはフラれてしまいます。ミヤビは自分勝手だったと反省しつつ、自分を見つめ直すため無期限活動休止を発表しました。

(関連記事「幼なじみの相方への告白の結果…『アイドルのいる生活』ミヤビが無期限活動休止を発表」)

6日の動画で、もかはチャンネルの今後について「2年以上二人で積み上げてきたものだから簡単に終わらせるわけにはいかない」「登録者数100万人を目標にかかげ頑張っていたミヤビを後悔させたくない」との思いから、一人でも活動を続けていくと決断したと語りました。

辛かった過去を告白

広告の後にも続きます

もかは高校2年生のときにアイドルデビューしました。厳しいレッスンや食事制限など辛いことが多いなか頑張っていたものの、腰の負傷により半年で辞めなければいけなくなったそうです。しかしその後、アイドルだった自分は輝いていたと気づき、もっと頑張っていれば結果は違ったのではないかとすごく後悔したのだとか。

もかはアイドル復帰を目指してさまざまなオーディションを受けたものの、トラブルが続出して思うようにいかず。それでもアイドルの夢は諦められなかったそうです。もかは当時の自分とミヤビを重ねているといい、「そのときの私みたいになってほしくないから、このチャンネルは私が守っていかなきゃいけない」と涙ながらに思いを打ち明けました。

ミヤビからの手紙

最後に、もかはミヤビが残していったという手紙を読みます。手紙にはもかへの感謝と、自分勝手な行動への謝罪が綴られており、自分を見つめなおす期間として活動休止を選択したと書かれていました。

手紙を読んだもかは、「ミヤビくんがどこに行ったかは幼馴染なので見当がつくので迎えに行きたい」「私もミヤビくんの気持ちにちゃんと向き合えてたか分からない」と思いを口にしています。

コメント欄では

泣いた。ただ泣いた。もかちのチャンネルを守るって気持ちが凄く伝わってきました

もかち辛かった過去、正直な気持ちを勇気を出して伝えてくれてありがとう。 動画見てて泣きそうになりました

視聴者としてアイドルのいる生活が終わってほしくないし、二人の夢もかなってほしい

など、二人の今後の活動を応援する声や、もかのチャンネルに対する思いに感動する声が多く寄せられました。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル