top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

実はこうじゃなかった?! 「人類進化の行進図」を描き変える「新説」とは?

BOOKウォッチ

直立二足歩行の人類史(講談社)<amazonで購入>

人類の直立二足歩行は、ゴリラやチンパンジーなど類人猿との決定的な違いとされ、人類進化の象徴のように思われている。しかし、どうも違うらしい。いや、人類の祖先が類人猿から分かれてから、直立二足歩行を始めたという「定説」自体が間違っているのではないかというのが、ジェレミー・デシルヴァさんの書いた『直立二足歩行の人類史』(文藝春秋)の主張だ。


人類の歴史について書かれた書物には、「人類進化の行進図」といったものがよくあるが、それは手を付いて歩く「ナックルウオーク」姿の類人猿から徐々に手を地面から離し、腰をかがめた姿勢から直立二足歩行になっていく、教科書でもおなじみのあの図である。

それは、類人猿の系統樹で、人類の祖先がチンパンジーなどから分かれ、その系統樹の先に直立二足歩行が進んだという認識とともに、我々の頭に刷り込まれている。

「人類進化の行進図」実はこうじゃなかった…?

しかし、本書によれば、人類がチンパンジーなどと枝分かれするずっと前の共通の祖先の類人猿は直立二足歩行をしていたらしいのだ。それがドイツで発見された今から1100万年前に生きていた「ダヌビウス」の化石からわかるというのだ。

恐竜も鳥も二足歩行していた

「足首」を専門とする古人類学者で、米ダートマス大学人類学部准教授のデシルヴァさんは、初の著書となる本書で二足歩行を特別視しない。地球上には、類人猿以外に「二足歩行」する動物はいたし、今もいる。古くは白亜紀の恐竜ティラノサウルス・レックスは二足歩行で獲物を捕らえていたし、ほかにも多くの二足歩行の恐竜はいた。そういえば、ティラノサウルスはゴジラのモデルとなったが、初期の着ぐるみはちょうど人間が入って歩くのにちょうどいい体形だった。

広告の後にも続きます

そして、恐竜の進化の子孫である現代の鳥類はほとんどが二足歩行である。また、二足歩行で地面だけでなく、水面上も高速で走るトカゲも南米にはいる。類人猿や猿人、原人などが登場するまえから、生物たちは二足歩行で地球上を闊歩していたのである。

そして、それからかなり遅れて登場した人類とチンパンジーの共通の祖先である古い類人猿「ダヌビウス」も、デシルヴァさんによれば樹上で直立二足歩行していたらしい。しかも、その化石から推定するに、そのまま地上に降りても同じように二足歩行ができたというのだ。

それではなぜ、現代のチンパンジーやゴリラは、ときどき二足歩行することはあっても、移動の中心的な手段が両手をつく「ナックルウオーク」になっているのか。デシルヴァは、ここで「進化の行進図」の方向を逆に考える。

「ダヌビウス」は新しい環境に適応した移動手段として二足歩行になり、そこからさまざまな類人猿や猿人が生まれた。だから直立二足歩行ができた類人猿や猿人、原人等の種類は数多くいたのだ。実際に化石人類として発見されている人類の祖先は25種にも及ぶという。

つまり、人類の祖先は大昔、1000万年以上も様々な種類で二足歩行をし続けていたのだ。そこから「直立」するようになった種も複数あり、現生人類はその一種ということになる。

チンパンジーのほうが進化したのかもしれない

一方、二足歩行の共通祖先から別の進化の系統に進んだチンパンジーは、むしろ、ナックルウオークを移動手段としてあらためて選択した種だったということになる。そのカギを握るのは手の骨格だ。本書によれば、600万年前の化石類人猿の手の骨格は、親指と他の指が向かい合わせになる点など、今の人類のそれとほとんど変わっていないが、チンパンジーの手の骨格は、それに比べ指が長く、木から落ちないように進化している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル