top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寄り沿いながら歩く豊川悦司と広末涼子 出家に至る道ならぬ恋描く「あちらにいる鬼」場面写真

映画スクエア

 11月11日より劇場公開される、直木賞作家・井上荒野が父である作家・井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の特別な関係を描いた同名小説の映画化作「あちらにいる鬼」から、瀬戸内寂聴をモデルとした長内みはる(寺島しのぶ)、井上光晴をモデルとした白木篤郎(豊川悦司)、白木の妻・笙子(広末涼子)、みはるの元夫の教え子で年下の男・真二(高良健吾)の姿が収められた、新たな場面写真が公開された。

 みはるに静かなアプローチをかける白木篤郎の自慢の妻である笙子。広末涼子が、奔放な夫の様子を見守りながら内に熱い気持ちを秘めた笙子を演じている。場面写真では、笙子に見捨てられることだけは避けたい篤郎が、笙子と寄り添って歩く姿が収められている。

 また、長内みはるは、年下の真二と同棲している。近いうちに別れが来ることを予感しながら、お互いに惰性で同棲しているような関係の2人。真二役を、高良健吾が色気とむなしさの同居した繊細な演技で体現している。場面写真には、そんな二人の暮らす家に、長内みはるに惹かれている白木篤郎が突然訪ねてくる様子が切り取られている。向かい合って座るみはると篤郎、そんな2人を前に真二は斜に構えている。

 「あちらにいる鬼」は、昨年11月に満99歳でこの世を去った作家・僧侶の瀬戸内寂聴の、同業者で妻子ある井上光晴とのかつての恋、井上光晴の妻との関係をモデルとした作品。主人公の長内みはるを寺島しのぶ、井上光晴をモデルとした白木篤郎を豊川悦司、白木の妻・笙子を広末涼子が演じる。ほかに、高良健吾、村上淳、蓮佛美沙子、佐野岳、宇野洋平、丘みつ子らが顔をそろえる。廣木隆一が監督を務め、荒井晴彦が脚本を担当している。

【作品情報】
あちらにいる鬼
2022年11月11日(金) 全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2022「あちらにいる鬼」製作委員会

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル