top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Netflix『ONI ~ 神々山のおなり』白石涼子、新井里美らが日本語吹替キャストに!沢城みゆきは英語版も担当

MOVIE WALKER PRESS

Netflix『ONI ~ 神々山のおなり』白石涼子、新井里美らが日本語吹替キャストに!沢城みゆきは英語版も担当

堤大介監督初の長編アニメーション『ONI ~ 神々山のおなり』が、10月21日(金)よりNetflixで配信スタートとなる。本作より、予告編と、白石涼子、新井里美ら日本語版キャストが発表となった。

『トイ・ストーリー3』(10)、『モンスターズ・ユニバーシティ』(13)など、ピクサーでアートディレクターとして世界的ヒット作を手がけ、2014年に自身のスタジオ「トンコハウス」を設立後、短編作品では数多の世界的な賞を受賞してきた堤。日本の民話に登場する神さまや妖怪たちの世界で、自由奔放に生きるおてんば娘、おなりが、自身の真実と向き合っていく姿を描く。

公開された予告編で目を引くのは、感情を揺さぶる光の表現と最高峰のCGチームが手がける映像美。そして、魅力的なキャラクターや壮大なサウンドトラックまで、こだわり抜いて制作された本作の魅力が徐々に明らかになっていく。

英語版と同様に豪華なキャストでお贈りする日本語版。主人公おなりを演じるのは、「機動戦士ガンダム00」や「ハヤテのごとく!」など数々の人気作に参加している声優、白石涼子。また、おなりの親友かっぱ役は「Re:ゼロから始める異世界生活」などで活躍する新井里美が務める。さらに、おなりの母親役を務めた沢城みゆきは、日英どちらの声も務めるという。そのほか、クレイグ・ロビンソン、沢田敏子、上田麗奈、間宮康弘、マリナ・アイコルツ、釘宮理恵、中務貴幸、戸松遥、久野美咲、沢城みゆき、井上和彦、植竹香菜ら、豪華声優陣が名を連ねている。

日本の民話を思わせる神さまや妖怪たちの世界を舞台に、親子の絆や友情を描く本作。“理想の自分”と“現実の自分”の間で揺れながら成長する主人公の少女、おなりを通じ、人々の心の本質に迫るテーマを、感情がありありと伝わる巧みな色彩表現と、散りばめられたユーモアで、世代や国境を越えて誰もが楽しめるストーリーに仕上がっている。“光と色のアーティスト”として、ピクサー時代からハリウッドで絶大な支持を集める堤大介が、日本のCGスタジオ「Megalis VFX」、「マーザ・アニメーションプラネット」、「アニマ」とともに、全編フルCGアニメーションで美しく鮮やかな世界を作り上げる。

10月1日にサンフランシスコで行われた本作のワールドプレミアでは、上映後、850名の大観衆が拍手喝采を贈ったという。あたたかく愛おしい、そして時にせつない親子の絆を描く『ONI ~ 神々山のおなり』。見えないものに恐れを抱く心の闇と、そこに差し込む真実の光とは?その答えをぜひその目で見届けてほしい。

文/サンクレイオ翼

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル