top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

14年ぶり復活の黒澤明賞、イニャリトゥ監督&深田晃司監督が受賞【第35回東京国際映画祭】

シネマトゥデイ

アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督

 第35回東京国際映画祭(10月24日~11月2日)で14年ぶりに復活する黒澤明賞の受賞者が、『レヴェナント:蘇えりし者』で知られるアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督と、『LOVE LIFE』の深田晃司監督に決定した。授賞式は10月29日に帝国ホテルで行われる。

 世界の映画界に貢献した映画人、映画界の未来を託していきたい映画人に贈られる黒澤明賞はこれまで、スティーヴン・スピルバーグ、山田洋次、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)といった著名監督が受賞してきた。今年は、山田監督、仲代達矢、原田美枝子、川本三郎、市山尚三(東京国際映画祭プログラミング・ディレクター)の5名によって選考が行われた。

 2009年に東京国際映画祭の審査員長を務めたこともあるイニャリトゥ監督は、2000年に映画『アモーレス・ペロス』で長編監督デビュー。以降、『バベル』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』とヒット作を連発し、アカデミー賞監督賞などを受賞した。最新作『バルド、偽りの記録と一握りの真実』(12月16日よりNetflix配信)は、東京国際映画祭のガラ・セレクション部門で上映予定。黒澤明賞の受賞は、作品ごとに常に新しい試みに精力的に挑戦しているイニャリトゥ監督の姿勢が、評価に値するということで決定した。

深田晃司監督

 2016年公開の映画『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田監督は、濱口竜介監督らと共に、コロナ禍で閉館の危機にある全国の小規模映画館(ミニシアター)を支援するクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」を立ち上げるなど、映画制作以外でも精力的に活動。最新作『LOVE LIFE』は、今年のベネチア国際映画祭コンペティション部門に選出された。作品性が若手映画監督として優れていること、世界に向けて将来の活躍が期待される日本人監督であることも評価され、今年の受賞者に選ばれた。(編集部・倉本拓弥)

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル