top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『俺の話は長い』、メンノンモデルでブレイク 水沢林太郎が語る10代で起きたターニングポイント

Real Sound

水沢林太郎(写真=梁瀬玉実)

 10代をはじめ20代女性を中心に絶大な人気を誇る、ABEMAの恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』(以下、『オオカミちゃんくん』)。スタジオゲストとして俳優の水沢林太郎が出演した。

(参考:【撮り下ろし写真】水沢林太郎

 『オオカミ』シリーズは真実の恋を探す男女の等身大の姿を追いつつ、メンバーの中にいる「好きではないのに好きなフリをする嘘つき“オオカミ”」をめぐる心理戦を含んだ恋愛模様を観ることができる。今シーズンは20歳前後のメンバーが集結し、同年代となる水沢。本作の感想を軸に、自身の恋愛観や、今後の目標について聞いた。

・“オオカミ”役は難しい? 嘘がつけない理由

――水沢さんは普段、恋愛番組は観られますか?

広告の後にも続きます

水沢林太郎(以後、水沢): これまであまり観ることがなかったのですが、今回『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない』を観て、恋愛模様を楽しむのはもちろん、それぞれのキャラクターやルール・制約から生まれる人間関係の動きなど、エンターテインメントとしても観ることができていろんな楽しみ方ができるな、面白いなと思いました。

――水沢さんの中では恋愛として、エンターテイメントとして、どちらの楽しみ方の方が大きかったですか?

水沢:僕の中ではエンターテインメントとしての要素の方が大きかったのですが、メンバー同士の本当に好きなんだろうなという視線や、自分の気持ちを敢えて言わなかったりする「間」などはリアルで僕もドキッとさせられました。

――『オオカミちゃんくん』の出演者は水沢さんと同年代かと思いますが、親近感を覚えたりしたのでしょうか。

水沢:自分と比べると、みなさんが年上に感じました。言葉遣いや作法がしっかりしていて、僕はいままで一体何をしていたんだろうという気持ちになってしまうくらい(笑)。たとえば相談する時の話の切り出し方が具体的で、これくらいの年ってもっと抽象的な話し方になりやすいような気がするので素晴らしいなと思いました。

――水沢さん自身は、プライベートでもご友人から恋愛の相談など持ちかけられるタイプですか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル