top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寺島しのぶ×高良健吾×豊川悦司、緊張感漂う3ショット 『あちらにいる鬼』場面写真公開

Real Sound

©︎2022「あちらにいる鬼」製作委員会

 11月11日に公開される映画『あちらにいる鬼』の場面写真が公開された。

参考:森達也監督、自身初の劇映画に挑戦 主演は井浦新&田中麗奈、題材は“福田村事件”

 本作は、直木賞作家・井上荒野が、父である作家・井上光晴と母、瀬戸内寂聴をモデルに創作した同名小説を、監督に廣木隆一、脚本に荒井晴彦を迎え映画化したもの。

 昨年11月、満99歳で波乱の人生を全うした作家・僧侶の瀬戸内寂聴。1960年代から人気作家・瀬戸内晴美として活躍した彼女が出家した背景には、同業者で妻子ある井上光晴との恋があった。出会うべくして出会い、互いにのめり込んでいくふたりと、全てを承知しながら心を乱すことのない男の妻。本作では、同志にも共犯にも似た不思議な3人の関係を描き出す。

 文学に導かれ、求め合う主人公・長内みはる、のちの寂光役を寺島しのぶが演じるほか、井上光晴をモデルとした白木篤郎役で豊川悦司、白木の妻・笙子役で広末涼子が出演。そのほか、高良健吾、村上淳、蓮佛美沙子、佐野岳、宇野祥平、丘みつ子がキャストに名を連ねた。

広告の後にも続きます

 公開された場面写真は、みはる(寺島しのぶ)、篤郎(豊川悦司)、真二(高良健吾)の緊張感漂う3ショットと、篤郎と笙子(広末涼子)の夫婦ツーショットの2枚。

 みはるは元旦那の教え子という、自分よりもいくつも年が下の男・真二と同棲中。近いうちに別れが来ることを予感しながら、お互い惰性で共に過ごしているような関係だ。場面な写真には、そんな2人のもとに、篤郎が突然訪ねてくる様子が写されている。

 みはるにアプローチをかける篤郎には自慢の妻・笙子がいた。場面写真には、笙子に見捨てられることだけは避けたい篤郎が、笙子と寄り添って歩く一場面が切り取られている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル