top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

食費削減のためランチ抜き!? ビジネスパーソンのランチ実態調査

マイナビウーマン

福利厚生の食事補助サービス「Ticket Restaurant(チケットレストラン)」を提供するエデンレッドジャパンは、全国の20~50代のビジネスパーソン男女600名を対象に「ビジネスパーソンのランチ実態調査2022」を実施しました。

現在、原材料価格の高騰や急速に進行する円安などさまざまな要因が絡み合い、物価上昇が続いています。2022年8月、9月に2,400品目を超えていた飲料、食品の値上げが、10月には約2.5倍の6,500品目を超えることがわかっており(※帝国バンクデータ調べ)、家計への負担はさらに増えると見込まれています。

物価上昇による値上げがビジネスパーソンのランチ事情にどのような影響を与えているのか。その実態を明らかにするため今回、緊急調査を実施。同社が昨年12月に実施した「ランチ実態調査」と比較しながら、現在のランチ事情について報告しています。

■物価上昇の影響で、8割以上が「家計が苦しくなっている」

「物価上昇により、家計が苦しくなっていると感じるか」という設問に対して、8割以上(84.2%)の人が、「とても感じる/やや感じる」と回答しており、今年に入り続く値上げラッシュが家計を圧迫している現状が明らかになりました。

広告の後にも続きます

また、値上げが著しい「食費」「光熱費」「ガソリン代」の中でも、「家計に悪影響を及ぼしている」との回答の割合が一番多かったのが「食費(91.4%)」。食品の値上げは10月にピークを迎えることから、今後ますます大きくなる家計への負担が心配される結果となりました。

■節約項目の圧倒的第1位は「食費」

物価上昇や値上げの影響で、現在節約をしていると回答した人は、約8割(79.5%)にのぼりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル