top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「私だったら思い切って飛び込んでみる」水川あさみに聞いた“仕事と家庭で迷った時の選択軸”

マイナビウーマン

取材・文:渡邊玲子 撮影:須田卓馬 編集:杉田穂南/マイナビウーマン編集部 ヘアメイク:星野加奈子 スタイリスト:番場直美

Amazon Originalドラマ『モダンラブ・東京~さまざまな愛の形~』は、東京の街を舞台に、マッチングアプリでの出会いやセックスレス、国境を越えた愛など、現代ならではの“愛の形”を、映画界の第一線で活躍する監督たちが、6つの実写作品と1つのアニメーションで描くオムニバスドラマ。

第1話「息子の授乳、そしていくつかの不満」で主演を務めるのは、これまでにもさまざまな女性像をリアリティーのある演技で見せてきた水川あさみさんです。今もなお活躍の幅を広げる彼女に、“働く女性”としての思いや仕事との向き合い方についてうかがいました。

■できないことはできないと認めることも大切

広告の後にも続きます

――本作は、ニューヨーク・タイムズ紙のコラム「Modern Love」に投稿されたエッセイをもとにした人気ドラマ「モダンラブ」の東京版です。「息子の授乳、そしていくつかの不満」で演じた役柄について、どのように感じられましたか?

私が演じた(高田)真莉という役は、良くも悪くも完璧主義者で、「こうしなければ!」という思いが強すぎるがゆえに、周りの愛に気づけずにいる女性なんです。仕事と子育てを両立させることに一生懸命で、一見すると器用なようでいて、実はすごく不器用な、人間らしい女性だなと感じました。

――働く女性として、真莉に共感する部分も?

子育てに限らず、何かに一生懸命になるとあまり周りの声に耳を傾けられなくなってしまうことって、きっと誰にでもあると思うんです。でも私には「絶対にこれを貫き通したい!」といったような“頑なさ”みたいなものはほとんどないんですよね。

もちろん、時には理不尽なことに諦めたくなる時もありますが、私の性質的には頑張りすぎていっぱいいっぱいになってしまうということ自体、あまりないかもしれません。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル