top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本まりか、大地真央に影響受けまくり!?「エッセンスを吸収して…」

TVerプラス


大地真央さんが主演を務め、松本まりかさんが共演する土ドラ『最高のオバハン中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第2弾が、10月8日にスタートします。

林真理子さんの「最高のオバハン」シリーズ(文春文庫刊)を原作に、第1弾が2021年4月期の同枠で放送された本作。美容外科医でクリニックの敏腕経営者でもあるアラ還名古屋マダムの中島ハルコ(大地)が、無駄なプライドから生まれる悩みや、忖度まみれの理不尽な仕事の悩みをばっさばっさと切り倒していく姿を痛快に描き、話題を集めました。

第2弾となる今回は“日本のへそ”岐阜を舞台に、絶滅危機にある伝統文化を守るべく、悪徳政治家や文化の継承を諦めている老人、無知な若者たちを相手にチームハルコが大暴れ。ハルコ役の大地さんと、ハルコに出会ったことで翻弄されるアラフォー女子・菊池いづみを演じる松本さんにインタビュー。お二人に、第2弾への意気込みや再共演してのエピソードを伺いました。

――第2弾のお話を聞いた時の感想をお聞かせください。

大地:第1弾では「元気をもらえた」「スカッとした」という感想が多く、周りの方から「続編を是非!」という声をたくさん頂いていたので、話を聞いた時は第2弾もやれるんだという喜びで、とても嬉しかったです。なかなか本音を言わない今の時代に、ハルコさんがおかまいなくスパッと斬っていくのが面白いと思ってくださったのかなと思います。

松本:視聴者の方がまた見たいと思ってもらえたんだと思うと、じんわりとうれしかったですし、そういう作品に携われてよかったなと思いました。

第2弾はハルコがよりパワーアップ



――演じる役は前回に比べて変化はありますか?

大地:ハルコさんがズバスバと斬っていく姿は、第2弾の方がよりパワーアップしていると思います。

松本:前作では、いづみは出会ったことのないハルコさんに振り回されて、影響されて、ダメな人生から生まれ変わったところで終わりました。今回は少しハルコさんに対等に言い返す部分も出てきて。ハルコさんの影響が少し自分の血肉になったのを感じます。

大地:たしかに。いづみは、イヤリングをつけるなど、ファッションやメイクは第1弾より変わってるかも。それなのにハルコさんは相変わらず「あなたはダメよ」「いつまでたっても貧乏人」などと言うんですよ。

松本:そうなんです。前回よりもきつめな言葉で罵られてますよね(笑)。

大地:でも、それはハルコさんの愛情の裏返しで、それぐらい言いやすい関係性になってるんだとも思います。

松本:そうですね。いづみはハルコさんに前回よりもハードなパワーワードで斬られていますが、それが全然嫌味に聞こえなくて、品があって納得してしまう。なぜか心地よくて、もっと言って欲しくなるんです(笑)。

大地:2人の不思議な友情があるよね。第1弾の最後にぶっちゃけ話ができて、そこから深い繋がりが出来た感じがありますね。

松本:あうんの呼吸ではないですけど、言わなくても分かり合っている感じがありますよね。

――前回演じた役を再び演じますが、演じる上で意識されていることはありますか?

大地:私はタイトル“最高のオバハン中島ハルコ”のオバハンの部分をより強化しようと思っています(笑)。自分も年を重ねた分、オバハン力を強めていけるかなと。

ハルコさんはよく怒ってますけど、涙もろいなど、非常に人間くさい部分もあって、本当にいい人なんです。おせっかいだけど、世のため人のためっていう精神が根底にあり、今時こういう人はなかなかいないと思います。そんなハルコさんの姿を通して、見てくださる方々にスカっとして笑顔になってもらえると嬉しいですね。

松本:ハルコさんをはじめ、面白いキャラクターたちばかりの中で、いづみは一番視聴者の方の目線に近いと思うんです。なので、リアクションや相手へのツッコミなどは、視聴者さんの感覚を忘れないようにしています。この物語の中にいると面白くて、芝居で乗っかりたくなっちゃうんですけど、そこは行き過ぎてはいけないという自制心を頑張って保つのが面白いです。

――役を演じていて、楽しい部分はありますか?

大地:ハルコさんは、人がここまで言えないでしょうというところまで言ってしまう。その潔さを表現するのはとてもエネルギーのいることで、それを楽しめるところまで、自分をもっていかなければいけない。それに加えて、よく喋るハルコさんなので台詞の量も多くて本当に大変なんですけど、ハルコさんがフッと降りてきたと感じられる瞬間があるんです。そんな時はすごく楽しいですし、やりがいを感じます。

松本:このドラマは、ハルコさんの台詞量が凄まじいです。私は台詞量が少なく、リアクションの演技が多いので、大地さんには本当に頭が上がらないですね。“大地さんは、台本を普通に読んだらこういう風におっしゃるだろうな”と予想するものと全然違う表現をされることがあるのですが、そこにはミラクルな面白さがあるんです。

大地:段取りの時とか、よく大笑いしてるよね(笑)。

松本:私、あまり素笑いしないのですが、今回は毎回ゲラゲラしていて。大地さんの誰もが想像し得ない表現は見どころだと思います!

大地:ありがとうございます。でもいづみもそうですよ。まりかちゃんは、本当に表情豊か。いづみは「…」のリアクションが多いので、それを表現するのは大変だと思います。

松本:ハルコさんを見ていたら、面白くて自然に出てくるんですよ。この作品は、大地さんのお芝居ありきなので、私はそれを受けるの楽しんでいます。本当に楽しいポジションだなと思います。

大地:現場では、段取りの時が楽しいよね。

松本:そうですね。私は段取りで大地さんの反応を見て調整するんですけど、その場で生まれる感じが楽しいです。大地さんのお芝居におんぶに抱っこされているような感じです。

大地:現場はすごく雰囲気が良くて。まりかちゃんの笑顔からも元気をもらってますし、スタッフの方たちも一つのファミリーみたいな感じになっていて、安心感の中で演らせていただいてますね。

大地真央の差し入れは震えるくらい美味しい



――前回、松本さんにインタビューさせていただいた際、大地さんの差し入れセンスを絶賛されていましたが、今回はどんな差し入れがあったのでしょうか?

松本:大地さんの差し入れは本当にすごいんです。前回も、今回も大地さんが全員に名古屋の備長炭で焼いたうなぎのひつまぶしの差し入れをくださったのですが、それが本当に美味しくて。その差し入れをきっかけにうなぎにドはまりして、名古屋に行くときはひつまぶしを食べるようになりました。芦屋の手作りクッキーも、別の現場の差し入れにしたこともありました。大地さんから教えていただいた差し入れはメモをしてリストにしています。さすがにうなぎは高級過ぎて出せないですけど(苦笑)。今回も飛騨牛のサーロインが入った、いくらするか分からない高級焼肉弁当をいただいて、いつかのためのリストが増えました!(笑)。

――すごいですね。他にどんな差し入れをされたのですか?

大地:今回、第2弾ということで、オリジナルTシャツを作らせて頂き、カステラと一緒にお渡ししましたね。

まりかちゃんからいただいた、岐阜にある「まるもと」のお弁当もすごくおいしかったです。「こういうお店が東京にあったらいいね」と2人で話してましたね。まりかちゃんとは「ここが美味しいね」など食の会話が多くて。好きな物や裏の成分表を読むところなど、似ている部分があります(笑)。

松本:そうですね。私は香水ではなくてアロマ派で、自分で最高だと思うハーブのアロマをつけていたのですが、それを上回るいい香りのアロマを大地さんから頂いて。3種類あって朝昼晩と使い分けているのですが、撮影中も寝るときもつけています!

大地:夜寝るときは同じ香りで寝てるんだよね(笑)。

松本:同じ物を食べて、同じ香りで寝てます(笑)。あと、口紅も大地さんと同じですね。前回、ハルコさんがつけてた口紅の色がいづみにも合うなと思って、探したんです。いづみがハルコさんの影響を受けているように、松本まりか自身、大地さんのエッセンスをすごく吸収していて、今の私になっている感じがします(笑)。

大地:演技でも「これ使わせてもらいます」って言ってたよね(笑)。

松本:そうなんです! 大地さんの思いもよらない表現を見て、「これ盗ませていただきます」ってことが多いですね。

大地:うれしいですね。どんどん使ってください(笑)。

松本:どんどん吸い取ります!(笑)。

大地:終わる頃には、“大地真央”になってるかもね(笑)。

――最後に視聴者の皆様にメッセージをお願いします。

大地:今回は岐阜編ということで岐阜の魅力をたっぷりとお伝え出来ると思います。そして、第2弾の『最高のオバハン中島ハルコ』は確実にパワーアップしているので、いろいろな角度から、また、幅広いお客様に楽しんでいただけると思っています。第1弾同様に可愛がっていただけたら嬉しいです。ぜひご覧ください!

松本:本当に楽しんでもらえるドラマだと思っていて。言いたい事を言いにくい世の中ですが、ハルコさんのごもっともいう意見を聞いて、土曜の夜にスカっとした気持ちになっていただけたらうれしいです!

(取材・文:高山美穂)

■大地真央 スタイリスト:江島モモ ヘアメイク:持丸あかね
ジュエリー TIFFANY&CO

■松本まりか スタイリスト:尾花幸恵 ヘアメイク:荒川瑠美 持ち道具:谷口真梨

<第1話あらすじ>
“令和の水戸黄門”が1年ぶりに帰ってくる!

歯に衣着せぬアラ還名古屋マダム・中島ハルコ(大地)が、39歳独身グルメ誌編集者・菊池いづみ(松本)らと共に世の悩みや不正を斬り伏せていく!

今度の舞台は日本のへそ・岐阜。刃物の町・関市を訪れたハルコ一行は、刀匠の後継者不足という問題に直面。弟子入り志願のアメリカ人の青年・ロバート(村雨辰剛)を刀匠の清次郎(麿赤兒)は毛嫌いしていて……。

そんな中、大物政治家・海藤道三(佐野史郎)も登場! 金華山を見上げ、怪しく嗤う!

ハルコは岐阜を救えるのか!? 痛快世直しエンターテインメント第2弾、いよいよ開幕!

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル