top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダノンザキッドの好走必至」

アサ芸プラス

 秋の中山・中京開催が、それこそあっという間に終わり、今週から東京・阪神に舞台は移り、本格的な秋開催がスタート。秋のGI戦線を目前に控えた今週は、東西で天皇賞・秋の前哨戦(1着馬に優先出走権が与えられる)がメインとして行われる。

 関東のそれは毎日王冠、関西は京都大賞典。両重賞とも注目のレースで、今年もなかなかの好メンバーがそろう豪華版と言っていいだろう。

 まずは毎日王冠から。一昨年のGI大阪杯の覇者で、今年もクビ差2着だった女傑レイパパレを筆頭に、そのレイパパレを大阪杯で破ったポタジェ、そして2歳時のGI、朝日杯FS勝ちのサリオス、ホープフルSを制したダノンザキッドとGI馬が4頭出走。その他も重賞で勝ち負けしている馬ばかりだ。

 また、開幕週の競馬であり、良馬場ならレコード、もしくはそれに近い速い時計での決着が予想される。出走頭数は少ないものの、どう転ぶか読みづらい一戦である。

 まずは過去のデータをひもといてみよう。

広告の後にも続きます

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの20年間、その馬単による万馬券は6回(馬連は3回)。この間、1番人気馬は9勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着4回)、1、2番人気馬によるワンツー決着は4回。言ってみれば、堅い時は堅く、そうでなくても比較的、有力馬サイドで順当に収まることが多い重賞と言えそうだ。

 年齢的には7歳以上の古馬の出る幕は少なく、逆に3歳馬からは目が離せない。出走頭数が少ないわりに、過去20年で5勝(2着4回)をあげていることは特筆していいだろう。

 あとは生きのいい4歳馬(5勝、2着3回)、充実著しい5歳馬(6勝、2着7回)が他の重賞と同様、よく連に絡んでいる。

 ということで、改めて今回の顔ぶれを見てみる。有力勢は甲乙つけがたいが、最も目につくのは、ダノンザキッドである。

 前走の関屋記念後、ひと息入ったが、休み明けの馬が多い中、夏場に一度使われたことは強みと言っていい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル