top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本名輪会・山口健治「江戸鷹の目診断」自在に仕掛ける松浦が5度目の記念V

アサ芸プラス

「松阪記念」◎吉田拓矢/○清水裕友/▲浅井康太/△三谷竜生/佐藤慎太郎/諸橋愛/坂口晃輔/吉澤純平/新山響平/太田竜馬/皿屋豊/町田太我

 強力先行がマッチアップするライン戦は、自力のある番手選手の出番になる。

「松阪記念」(10月7日【金】~10日【月】)は、地元勢をはじめ、各地区に強固なラインができる。先行選手による叩き合いもありそうだが、決着はまくり合戦でつくことになりそうだ。

 関東の先頭で絶好のまくり頃になりそうな吉田拓矢が、青森記念に続いて今年3度目の記念Vを飾るとみた。並びは吉田─吉澤純平─諸橋愛。勝負どころで早めに仕掛けて突き抜ける。

 対抗は清水裕友。中四国の並びが町田太我─太田竜馬─清水となれば、強力な2段ロケット。調子は上昇気流に乗っている。吉田拓の機先を制して逆転も。

広告の後にも続きます

 三番手評価は、皿屋豊の後位から連覇を狙う浅井康太。全盛時に比べて8割のデキでも、地元戦となれば気合いの入り方が違ってくる。メンタルが強く、混戦にも動じない。皿屋の頑張りしだいのところはあるが、軽視はできない。

 あとは、前走の小倉(〈1〉〈1〉〈1〉)の勢いがある三谷竜生の台頭を警戒する。

 新山響平は西武園オールスター決勝戦5着があるものの、1着の少なさが気になり、印は回せなかった。予選で快勝するようなら、見直すかもしれない。

 有力候補には入らなかったが、内藤宣彦(秋田)の活躍を称えたい。1着を量産する51歳。3、4番手から掲示板に載るのを見ていると、うれしくなるのは、私だけではないはず。北日本の隠し玉かもしれない。

【大穴この1車】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル