top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本の郷土おもちゃへのこだわり!おすすめ絵本作家・かこさとしの魅力

ホンシェルジュ

日本を代表する絵本作家・かこさとし。2022年夏、かこさとしの大規模展示会が東京で開催されました。作品の紹介はもちろんこと、その生き様や子どもたちに向けたメッセージなど、かこさとしの集大成としてさまざまな魅力の詰まった展示会です。そこからみえてくる、かこさとしの世界をまとめて紹介します。

2022年開催!大規模展示会「かこさとし展」

日本を代表する絵本作家・かこさとし。代表作である「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズなど多くの子どもたちから愛される作品を世に送り出してきました。

これまで、かこさとしが子どもたちのために描いた作品は600冊を超えるといいます。そんなかこの創作の原点から晩年まで描き続けた作品の資料などを大規模に展示したのが、2022年現在行われている「かこさとし展」です。

その作品だけでなく、かこさとし自身をひとりの人間としてみていくことで、彼が子どもたちに伝えたかったことを紐解いていくような展示になっています。常に子どもたちに寄り添い、子どもたちから多くのことを学び得てきた絵本作家・かこさとし。科学者としての一面も持ちながら、絵と言葉を通して、未来へその思いを繋いだ唯一無二の作家です。

本展のみどころは、今回初展示となる科学絵本の集大成、大人気シリーズの誕生秘話、創作の原点となった未公開の紙芝居などが展示されていること。また、会場には、かこさとしの自叙伝的エッセイ『未来のだるまちゃんへ』から、そのメッセージが会場の壁面に紹介されています。

展示の最後には、公式図録『かこさとし 子どもたちに伝えたかったこと』やオリジナルグッズの販売などもあります。SNSにアップできるフォトスポットも魅力のひとつ。

広告の後にも続きます

この記事では、かこさとしの人となりから「かこさとし展」でも紹介されている作品をピックアップし、その魅力を紹介します。

著者[“かこ さとし”, “鈴木 万里”, “鈴木 愛一郎”] 出版日

かこさとしその人となり

かこさとしは、1926年現在の福井県越前市に生まれました。7歳の時、東京に移り住みます。この頃から絵を描くことが好きだったそう。

中学生になると、飛行機に興味を持ち飛行士に憧れました。しかし、目が悪いことから、その夢は叶いませんでした。高校生の頃には、東京空襲を目の当たりにすることに。飛行機の役割を改めて知りました。その後、19歳で東京帝国大学工学部応用化学科へ入学しますが、同年、終戦を迎えます。

人生の目標を失い、戦争というこれまでの償いをどうしていったらいいのか。そんな時、彼を励ましてくれたのが、子どもたちの存在でした。大学卒業後は就職しながら、人形劇団にも参加。新たな活動として、川崎のセルツメントに移り、子どもたちのために紙芝居を造り始めます。

そんな中、1959年33歳の年に『だむのおさじさん』で絵本作家デビューを果たすのでした。そこから多くの絵本を世に送り出すことに。日本に古くから伝わる子どもの伝承おもちゃの研究などにも力を入れてきました。

2008年菊池寛賞、2009年日本化学会より特別功労賞を受賞するなど多くの賞を受賞し、その活動が認められています。工学博士、技術士でありながら、児童文学の研究者でもあるかこさとしは、生涯を子どもたちのための創作活動に捧げました。その作品は今なお、子どもから大人まで多くの人たちに愛され続けています。日本が世界に誇る絵本作家です。

代表作「だるまちゃん」シリーズと「からすのパンやさん」シリーズ

  • 1
  • 2