top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

触れると10秒で死に至るピンクの雲が発生 外に一歩も出られなくなった世界 「ピンク・クラウド」公開決定

映画スクエア

 ブラジルの新鋭イウリ・ジェルバーゼの長編監督デビュー作品「ピンク・クラウド」が、2023年1月27日より劇場公開されることが決まった。

 「ピンク・クラウド」は、人々が部屋の中に閉じ込められた世界を描いた作品。一夜の関係をともにしたジョヴァナとヤーゴは、触れると10秒間で死に至る正体不明のピンクの雲が突如として発生したことを知る。窓を閉め切って高層アパートに引きこもり、ロックダウン生活に入る二人。月日が流れ、この生活が終わらないことを誰もが悟り始めたころ、ヤーゴは父親になることを望む。ジョヴァナは反対するものの、やがて男の子のリノが生まれる。家の中という狭い世界で不自由なく暮らすリノと新しい生活に適応するヤーゴだが、ジョヴァナの中で生じたゆがみは、次第に大きくなっていく。

 2017 年に脚本が書かれ、2019年に撮影された本作は、当初SFとして構想されていたが、世界的なパンデミックで一変した現実と重なる作品となった。監督のイウリ・ジェルバーゼは、本作が初の長編映画。外には一歩も出られず、部屋の中でしか生きられないディストピアで、制限された状況下における人間の感情を描く。

 イウリ・ジェルバーゼ監督のコメントも公開された。コメントは以下の通り。

【イウリ・ジェルバーゼ監督 コメント】

広告の後にも続きます

 本作の脚本を書いたのは 2017 年。執筆当時やりたかったのは、一向に終わらない非現実的なロックダウン下で共同生活をする2人のキャラクターが、異なる感情の変化を見せるのを描くことでした。自由とは何か、幸福とは何か、ジョヴァナとヤーゴはそれぞれの考えを持っていて、正反対のやり方でピンクの雲の世界に適応しようとします。ロックダウン下で暮らす中、人生哲学の違いが際立っていきます。
この映画を見ることは、パンデミックの期間中に味わったさまざまな感情を振り返る機会になると思っています。その一方で、ウイルスやパンデミックが話題になるずっと前に脚本を書いたことを念頭に見てもらうと、この映画はさまざまなメタファーや多義性に満ちており、さまざまな感情を喚起するはずです。今回、誰もがロックダウンの体験をしたことで、1人1人がこの映画に対してそれぞれの思いを抱くと思います。『ピンク・クラウド』は選択、欲望、自由についての映画です。

【作品情報】
ピンク・クラウド
2023年1月27日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:サンリスフィルム
© 2019 Luminary Productions, LLC. All Rights ReservedScott Macaulay, James Schamus, P. Jennifer Dana, Ross Jacobson 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル