top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

去っていった男の“背中”を待つ30歳の女  越川道夫監督が描く映像抒情詩 「背中」公開決定

映画スクエア

 「海辺の生と死」「アレノ」などの越川道夫監督作「背中」が、10月29日より劇場公開されることが決まった。

 「背中」は、コロナ禍の中で身近な人々の死と自身の眼の手術など多くの喪失の体験をしたという越川道夫監督による映像抒情詩。ある日突然、恋人ショウイチロウに去られた30歳の女性ハナは、恋人の親友であったアカツキと関係を結んでいる。二人はハナの元を去ってどこかに消えたショウイチロウを待ち続けている。去っていった男の背中と海辺の風を感じながら、待つ女の心象風景を描いた物語となっている。

 待ち続けるヒロインのハナを演じるのは、本作が初主演となる佐藤里穂。ハナの恋人でショウイチロウの親友であるアカツキ役は、テレビドラマ「僕の大好きな妻」「ぴーすおぶけーき」などで知られる落合モトキが務めている。また、突然ハナの元を去っていった男・ショウイチロウを、越川監督作品の常連役者・嶺豪一が静かに演じる。

 ポスタービジュアルは、遠く広がる海辺の風景を背景に、本作のタイトルである「背中」の文字が大きく縦に配置され、恋人を待つ女ハナ(佐藤里穂)と、ハナに思いを寄せるアカツキ(落合モトキ)が上下に描かれたビジュアルとなっている。

【作品情報】
背中
2023年10月29日(土)より、新宿K’s cinemaにて公開
配給:ブラウニー
©2022 キングレコード

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル