top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【DRAGONGATE】YAMATOがドリームゲート戦へ涙の決意告白 「俺がDRAGONGATEの正義を示してやる」

プロレス/格闘技DX

【DRAGONGATE】YAMATOがドリームゲート戦へ涙の決意告白 「俺がDRAGONGATEの正義を示してやる」

『THE GATE OF VICTORY 2022』東京・後楽園ホール(2022年10月6日)
○YAMATO&ドラゴン・キッド&近藤修司vs吉岡勇紀&菊田円&ドラゴン・ダイヤ×

 11・6大阪大会でのドリームゲート戦に向けて、王者・吉岡の覚悟を確認したYAMATOが涙ながらに決意を告白。「必ずドリームゲートのベルトをこの腰に取り戻して、俺がDRAGONGATEの正義を示してやる」と断言した。

 ドリームゲート王者・吉岡は9・19大田区大会でEitaを下して2度目の防衛に成功。「過去という壁を乗り越えていきたいと思います」と語り、歴代王者に宣戦布告した。その後、次期挑戦者にYAMATOを指名。11・6大阪大会でのタイトル戦が決定した。

 この日、吉岡がツインゲート王者のダイヤ&菊田、YAMATOがキッド&近藤とそれぞれ組んでの前哨戦となった。序盤で対峙した際は様子見で終わったが、徐々に2人の気持ちがヒートアップ。吉岡が華麗なリープフロッグからドロップキックを突き刺せば、YAMATOもスキを突いて串刺しドロップキックを放ち、キッドとの合体雪崩式フランケンを決めるなど激しく競り合った。

 他の4選手も奮闘し、メインらしい熱戦となる。近藤のキングコングラリアット、YAMATOのギャラリアと大技ラッシュでダイヤに猛攻。そこから両軍入り乱れての乱戦になると、吉岡が近藤をブレーンバスターで引っこ抜き、再びYAMATOとにらみ合う。エルボー合戦から吉岡がバトルフック(フライングラリアット)を一閃。ふらついたYAMATOも垂直落下式ブレーンバスターで突き刺して譲らない。

 ギャラリア狙いは吉岡が抵抗してエプロンに不時着したものの、YAMATOのドロップキック、キッドの619、ケブラーダが連続してさく裂。吉岡を場外に分断した。YAMATOは孤立したダイヤのチョップ連打を仁王立ちで受け止め、叩き潰すようなラリアットを振り抜くと、最後は吉岡の眼前で見せつけるようにギャラリアで葬った。

 吉岡の前でYAMATOが完勝。ベルト奪取に弾みをつけたYAMATOはマイクを持つと、吉岡の“覚悟”を確認した。「吉岡よ、お前はYAMATOを超えて見せると言ったよな? その言葉にはウソ偽りはないんだな? この俺を超えるということは、名実共にこのDRAGONGATEを背負って立つ人間になるということだ。トップというのはな、つらいよ。しんどいよ。もう何もかも捨てたくなるよ」と実感タップリに吐露すると、「本当にお前にその覚悟があるのか? DRAGONGATEを背負って立つ覚悟があるのか? 本心を聞かせてもらいたい」と迫った。

 今の吉岡に迷いはない。「YAMATOさん、あなたはDRAGONGATEのこれまでを創ってきた人です」とYAMATOに一目を置きながらも、「でも、このままYAMATOさんがトップだとDRAGONGATEは変わらない。新しい未来を創るのはこのドリームゲートチャンピオンの吉岡勇紀だ。俺にはその覚悟がある。11月6日、大阪でお前を楽にしてやるよ」と言い切った。

 YAMATOは「楽になるかどうかは俺自身が決めるんだよ。お前に決められてたまるか」と言い返し、吉岡と視線を交錯させる。王者がリングを去っていくと、YAMATOは「吉岡、あいつは先月の後楽園でこう言ってたな。『この客席をこの俺が埋めてやる』と。Eitaに促される形で。お前、本当に本心で言ってるのか?」と改めて問いかけた。

 「俺は自分で言うのも何だけど、長年このリングを支えてきた人間だと思っている」と語って観客の拍手を浴びたYAMATOは「でも、つらくてしんどいんですよ、本当に。俺と一緒にこのプレッシャーを背負ってくれる人間はね、どんどんどんどんこのリングから去っていって。こんな40を超えたほうれい線の浮き出たオッサンになっても、まだ俺がこの会社を支えなければいけない」と抑えていた思いを口に。感極まったYAMATOは涙をにじませながらも「しんどいけど、俺はYAMATOだから。DRAGONGATEは俺だから。俺はDRAGONGATEの正義のために戦いますよ」と決意を告白。「だけど、今の俺の言葉には説得力がない。11月6日、必ずドリームゲートのベルトをこの腰に取り戻して、俺がDRAGONGATEの正義を示してやる」と観客の前で誓った。

 「ああ、スッキリした」と気持ちを落ち着かせたYAMATOは「来月もう一度、もう6回目のドリームゲートを巻いたYAMATOを観に来てくれますか? その時はこの俺が、この俺の手でこの客席必ず満員にしてやるよ」と自らを鼓舞するかのように宣言して後楽園大会を締めくくった。

 最多記録となる5度の戴冠経験があるYAMATOは、王者としての責任の重さ、トップのつらさを嫌というほど味わってきた。それだけに吉岡が口にした覚悟を簡単に認めるわけにはいかない。ならばリング上で気持ちと気持ちをぶつけ合うのみ。YAMATOは若き王者を叩き潰して約10ヵ月ぶりにベルトを腰に巻き、自らがトップとなって再び後楽園ホールを満員にするつもりだ。

【YAMATOの話】「リング上で言った通りですよ。俺がもう一度ドリームゲートのベルトを取り戻す。何でかって? そうだよ、俺YAMATOだから。DRAGONGATE=YAMATOだから。俺がドリームゲートのベルトをこの腰に取り戻して、俺がDRAGONGATEの正義を満天下に示してみせるんだ。知らしめるんだ」

【吉岡の話】「YAMATOさんがトップっていうのはそう簡単には覆らないかもしれない。でも俺はそれを変えなければいけない。それは俺自身、ドリームゲートチャンピオンの使命だと思ってる。リング上でも言った通り、11月3日、YAMATOさん、あなたを楽にしてやりますよ」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル