top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

崖から車を落としても『iPhone 14』の衝突事故検知は反応しない? YouTuberが体を張って検証

Real Sound

YouTubeより

 Appleが『iPhone 14』の衝突事故検知を発表したとき、どこかのYouTuberが車をぶつけてこの機能をテストしようとするのは時間の問題だった。しかし車を4台も大破させるとは誰が予想しただろう。

(参考:【写真】車を崖から突き落としてテストする様子

 YouTuberのルーク・ミアーニとサム・コールはタッグを組み、新機能である衝突事故検知の検証に挑んだ。2人はさまざまな車種の4台を用意し、最初はバンパーカーのように車をぶつけ合って遊びながら、衝突検知機能を作動させようと試みた。しかしなかなか作動せず、車体から煙を出しながら徐々に速度を上げていったが、うまくいかなかった。最終的には、廃車にした車を牽引し、坂道を転がしたが、衝突事故検知は作動しなかった。

 車の中には、複数のiPhone 14、『Apple Watch Ultra』、『Google Pixel 6』などのデバイスを用意し、どれも壊れた様子はなかったため、デバイス自体の故障が原因ではなさそうだ。

 では衝突事故検知が作動しなかったのは機能自体の不具合ではなのだろうか。

広告の後にも続きます

 Appleが発表した衝突事故検知は「激しい交通事故に遭ったかどうかを検知し、ユーザーが意識を失っていたりiPhoneに手が届かなかったりすると自動的に緊急サービスにダイヤルする」というものだ。今回の動画では、どの車も大したスピードを出しておらず、衝突もごくわずかなものばかりだ。機能をアクティブにするためのAppleの基準が何であるか正確に明らかではないが、 おそらく動画で披露されたものよりは激しい必要がある。

 ほかにも衝突事故検知を検証したYouTuberがいたが、彼はリモートで車を操作し、乗車していたら大怪我をしていたような衝突によって、同機能を作動させていた。バンパーカー程度の衝突では足りないようだ。

〈Source〉
https://www.imore.com/iphone/someone-crashed-four-cars-trying-to-activate-the-iphone-14s-crash-detection
https://youtu.be/Sui8iTUgJM0
https://realsound.jp/tech/2022/09/post-1140000.html

(文=深森サラ)

TOPICS

ジャンル