top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

King & Prince 髙橋海人、映画『Dr.コトー診療所』出演決定 大病院の御曹司の新米医師役に

Real Sound

『Dr.コトー診療所』に出演する髙橋海人(King & Prince)©︎山田貴敏 ©︎2022 映画「Dr.コトー診療所」製作委員会 

 12月16日に公開される吉岡秀隆主演映画『Dr.コトー診療所』にKing & Princeの髙橋海人が出演することが決定した。

参考:平野紫耀、永瀬廉ともまた違う? 『ドラゴン桜』『みらてん』を経た高橋海人に感じる未来

 2003年、フジテレビの木曜10時枠で放送された連続ドラマ『Dr.コトー診療所』。累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名漫画を元に、シーズン1、シーズン2ともに大ヒットを記録した。東京から僻地の離島に赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と、島の人々との交流を通して命の尊さを描いた本作の主人公・コトー役を吉岡が続投。自身の代表作であり代表役ともいえる“コトー先生”を16年ぶりに演じた。

 監督を務めるのは、ドラマシリーズでも演出を務めた中江功。同じく連続ドラマ全作を執筆してきた吉田紀子が脚本を手がける。さらに、柴咲コウをはじめ、時任三郎、大塚寧々、泉谷しげる、筧利夫、小林薫、大森南朋、朝加真由美、富岡涼らドラマシリーズからの続投キャスト9名も再集結するほか、診療所の新たな看護師・西野那美役で生田絵梨花が出演する。

 髙橋が演じるのは、志木那島に研修でやってきた医師・織田判斗。『ドラゴン桜』(2021年/TBS系)や『未来への10カウント』(2022年/TBS系)、『アキラとあきら』など多数のドラマや映画に出演し、10月15日より放送がスタートするドラマ『ボーイフレンド降臨!』では、初の単独主演を務めるなど、役者として活躍の場を広げている髙橋が、『Dr.コトー診療所』で自身初の医師役に挑む。

広告の後にも続きます

 今回髙橋が演じる織田判斗は、志木那島に2カ月間、へき地医療の勉強でやってきた新米医師。大病院の御曹司で、一見チャラそうな見た目とふるまいから島民に受け入れられないが、それでいて腕は悪くなく、物事を冷静に見ている一面もある、『コトー』の世界感の中では異色とも言える役どころだ。

 『Dr.コトー診療所』への出演が決まった髙橋は「僕が4歳のときに始まったドラマですが、再放送を母と一緒に観ていたので、あの世界観に自分が入れるのか…と思うと、気持ちが高ぶりましたし、自分がいただいた役の重みを受け止めながら、自分にできることを一つ一つ、真剣に熱を持ってぶつかろうと思いました」と、シリーズに参加することへの強い覚悟と決意を明かした。

 また、今回の織田判斗という役との向き合いについては、「判斗自身は現実主義でマニュアルに従って今までやってきた人で、それとは対照的に、効率も関係なく島民に対する愛情や優しさで仕事をするコトー先生は判斗からしたらすごく浮世離れしていて…でも、判斗がただ嫌な奴ではなくて『判斗みたいな人間もいるよな』と共感してもらえるようにと考えながら演じました」とコメント。中江監督は髙橋について「柔らかくて真面目な好青年、というのが最初に会ったときの印象です。『コトー』のレギュラー陣はクセも個性も強いベテラン揃いです。こんな繊細なトップアイドルがその中でやっていけるだろうか、と少し不安でした。でも、現場に入るとそんな心配はすっかり払拭され素晴らしい化学反応が起きました。一人の役者として、髙橋海人にしかできない織田判斗というキャラクターを誕生させてくれたことに感謝しています。『お芝居を真剣にやりたい』と言う言葉に強い意志と野心も感じられました。これからが本当に楽しみな役者です」と髙橋の演技に対する真摯な姿勢に太鼓判を押している。

 なお、10月7日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)では、髙橋が役への想いを深く語った独占インタビュー映像も公開予定だ(※急遽内容が変更になる場合もあり)。

【髙橋海人(織田判斗役)コメント】
出演が決まったときは「あの作品に出られるの!?」という気持ちでした。僕が4歳のときに始まったドラマですが、再放送を母と一緒に観ていたので、あの世界観に自分が入れるのか…と思うと、気持ちが高ぶりましたし、自分がいただいた役の重みを受け止めながら、自分にできることを一つ一つ、真剣に熱を持ってぶつかろうと思いました。
僕が演じた判斗とコトー先生は、医療に対しての向き合い方がまったく違って、判斗自身は現実主義でマニュアルに従って今までやってきた人で、それとは対照的に、効率も関係なく島民に対する愛情や優しさで仕事をするコトー先生は判斗からしたらすごく浮世離れしていて…でも、判斗がただ嫌な奴ではなくて「判斗みたいな人間もいるよな」と共感してもらえるようにと考えながら演じました。
僕は自分の中で解決しようと思ってしまうタイプの人間なのですが、現場では、監督をはじめ皆さんが全員揃って、シーン一つ一つを良くするために話しあっていて。しっかりと細かいところまで突き詰めるから、『Dr.コトー診療所』はこれほど人の心を打つのだと感じました。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル