top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2023年バレンタインを先取り! 京都発「RAU」「Sachi Takagi」の新作が美しすぎる

マイナビウーマン

2022年のバレンタインで関東に初上陸し、一躍話題となった「RAU(ラウ)」。京都に店舗を構えるブランドで、“情景を、形状に。”をコンセプトに、見た目や香りも楽しむことができます。

そして「Sachi Takagi(サチ タカギ)」はRAUのシェフショコラティエールである高木幸世さんが2021年12月にリリースしたまだまだ新しいブランド。通常のチョコレートの固定観念を覆す、植物性の素材のみを使用した“プラントベース”のチョコレートブランドです。

2023年も引き続き、関西だけではなく関東にもポップアップストアを出店予定。そんな「RAU」「Sachi Takagi」からバレンタインの新作が発表されました。「もうバレンタインの情報?」と思う方もいるかもしれませんが、「自分用チョコレート」の需要が高まっている近年、どちらのブランドもすぐに売り切れてしまうことが予想されます。今のうちから情報をチェックしておきましょう!

■「RAU」定番のチョコレートに新フレーバーが登場

人気商品ボンボンショコラの「Iro」からは、南仏やコートダジュールからインスピレーションを得た2色のチョコレートが登場。

広告の後にも続きます

「Lilac」(写真左から2番目)は南仏の夕暮れをイメージし、ラベンダー畑に夕暮れが沈む様子を表現したラベンダー×ロゼワインのボンボンショコラです。チョコレートなのにラベンダー? と思いながら口に含むと、たしかにふんわりラベンダーの香りが口に広がります! 美しい夕日を見ながら、ゆったりと流れる時間に身をゆだねるひと時を想像しながら楽しむ時間を再現しています。

「Turquoise」(写真左)はコートダジュールのターコイズブルーの海をイメージした、バジル×オレンジのボンボンショコラ。海岸に差し込む太陽の光に混ざり合う青色と黄色を、食感の違うノワールガナッシュ2層構造で表現しています。柑橘の酸味が効いた、フレッシュなおいしさです。

Iro 新2種 4粒 1,994円、12粒 5,616円

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル