top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奈緒“和佳”、梅沢富美男演じる漁協組合長に啖呵!「スッキリした」

TVerプラス


奈緒が主演を務めるドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第1話が、10月5日に放送。岩崎和佳(奈緒)が漁師の収入減小という課題を解決するため、漁業組合長の杉浦久光(梅沢富美男)に啖呵を切るシーンが、ネット上で「かっこいい!」「スッキリした!」と話題になった(以下、ネタバレが含まれます)。

10年前、寂れた港町・汐ヶ崎に5歳の一人息子・進(石塚陸翔)とやって来たシングルマザーの和佳。地元のホテルで仲居として働いていると漁師の片岡洋(堤真一)と出会う。片岡は和佳の機転と働きぶりに感心し「浜の立て直し」を頼むことに。この依頼を受けた和佳が思いついたアイデアは「お魚ボックス」という、生産者が直接、消費者に商品を届けるシステムだった。

このシステムを取ると漁協に睨まれると考えた片岡は反対。和佳も諦めようとするがこのシステムが国の制度としても存在していると知った和佳は改めて動き出すことに。地域団体の許可を得るため漁協の一番偉い人である“統括さん”(伊沢弘)に許可をもらい、農林水産大臣にまで印をもらうことに成功する。

ところが、この話を耳にした杉浦は「めちゃくちゃなことしやがって」と怒りながら乗り込んでくる。すると片岡は「こんなにしてくれとは全く頼んでなかったもので」と寝返るが、これに対し和佳は「このままじゃ浜は死ぬ。なんとかしてくれって泣きついてきたのはどこのどいつだよ、このひょっとこ!」と真剣に怒る。そして、杉浦に啖呵を切り……。

SNS上では、和佳が啖呵を切るシーンが話題に。「かっこいい!」「見ててスカッとした!」「スッキリした!」との声が、また奈緒の演技については「圧巻だった!」「上手すぎて、思わず前のめりになった!」との声があがっていた。

次回は10月12日に放送。統括さんが「和佳から脅迫され判をつかされた」と漁協に訴える。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル