top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【大井・東京盃結果】レッドルゼルが帰国初戦を悠々差し切って勝利

netkeiba.com

【大井・東京盃結果】レッドルゼルが帰国初戦を悠々差し切って勝利

 5日、大井競馬場で行われた第56回東京盃(3歳上・JpnII・ダ1200m・1着賞金3500万円)は、8頭立ての7番手からレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気レッドルゼル(牡6、栗東・安田隆行厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の3番人気テイエムサウスダン(牡5、美浦・蛯名正義厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気オーロラテソーロ(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)が入った。

 勝ったレッドルゼルは、父ロードカナロア、母フレンチノワール、その父フレンチデピュティという血統。ドバイゴールデンシャヒーン(2着)以来、約半年ぶりの休み明けを勝利で飾った。重賞は3勝目。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル