top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アニメ『チェンソーマン』異例となる「100%出資」の理由は? FIREBUG佐藤詳悟×MAPPA大塚学が語り合う“アニメビジネスの未来”

Real Sound

(左から)FIREBUG佐藤詳悟、MAPPA大塚学

 お笑い芸人や俳優、モデル、アーティスト、経営者、クリエーターなど「おもしろい人=タレント」の才能を拡張させる“タレントエンパワーメントパートナー“FIREBUGの代表取締役プロデューサーの佐藤詳悟による連載『エンタメトップランナーの楽屋』。

 第三回は『呪術廻戦』『進撃の巨人』The Final Seasonといった大ヒットアニメを手がけるスタジオ「MAPPA」の社長・大塚学を迎える。

 今回は、2人の関係性やクリエイターに寄り添う姿勢とビジネスとのバランスの保ち方、両者の野望などについて語り合ってもらった。

■ヒットの方程式はない。いかに時代感を反映させられるか

ーーまずは大塚さんと佐藤さんの関係性についてですが、最初の出会いのきっかけはどのようなものだったのでしょうか。

広告の後にも続きます

佐藤:2カ月前くらいに初めてご飯に行ったのが最初でしたよね。

大塚:はい、なので今日がお会いするのが2回目になりますね。

佐藤:講談社のマンガ編集者の川窪慎太郎さんと、YOASOBIのプロデューサーの屋代陽平さんも交えて4人でご飯行きましたね。大塚さんとは同い年なんですよ。

ーー大塚さんは佐藤さんのことを以前から知っていたんですか?

大塚:川窪さんから紹介されるまでは知らなかったんです。芸能系の事業をやられているのに興味を持ちましたし、今まさに『チェンソーマン』で関わっている集英社の漫画編集者の林子平さんも1982年生まれと、同世代がすごい頑張っているなという刺激を受けました。

ーーありがとうございます。大塚さんに色々とお聞きしたいのですが、アニメ制作には、漫画や小説原作を借りてアニメ化するケースと、スタジオ内でゼロから作り上げるオリジナルアニメの2種類が存在すると思います。こうしたなか、新たなIPをゼロから生み出すことの難しさについてどのように考えているのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル