top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

町田啓太、10年前の自分と“再会” 宣材写真を「どう撮ったらいいかわからなかった」

Real Sound

町田啓太

 町田啓太が10月5日、東京・カフェアクイーユ恵比寿店で「ぽすくまのおきにいり 2022~期間限定コラボカフェ~」オープン記念イベントに参加した。そのなかで町田は距離の近い、ぽすくまとの接近戦を演じながらも、10周年とコラボカフェの見どころをアピールした。

参考:町田啓太の大ブレイクまでの軌跡 『美女と男子』『盗まれた顔』など今こそ観たい5作品

 ぽすくまは、日本郵便のオリジナルキャラクター。2012年の登場以来、今年で10周年を迎える。彼の誕生10周年を記念して行われるのが「ぽすくまのおきにいり 2022~期間限定コラボカフェ~」。ぽすくまと仲間たちの世界観を様々な形で体験することができる内容で、10月5日~10月10日の6日間、カフェアクイーユ恵比寿店にて開催される。

 昨年以来となる本コラボ。ぽすくまと再会した町田は「1年ぶり。すごく楽しみにしていました。相変わらず近いですね(笑)」と距離間の近さを指摘しつつ、嬉し気な表情を見せた。

 続いて10年間たくさんの郵便物を届けてきたぽすくまが、10年前の町田の写真を披露。昔の自分と対面した町田は「眉毛細いですね。色も黒いし、髪も長い」と戸惑いつつ、「これは最初の宣材写真で、どう撮ったらいいかわからなかったんです。『仁王立ちだった』とスタッフさんに言われたのを覚えています」と当時を振り返る。

広告の後にも続きます

 ぽすくまは、この写真の感想を体を揺らして「素敵だ」と表現。町田は「跳ねまくっていますね」と笑顔。さらに「当時は『やらなきゃ、やらなきゃ』と気を張っていましたが、肩の力を抜いて楽しめるようになってきました」という。不慣れだったポージングは「やっとなれてきた」そうだ。

 そして、ぽすくま10周年を記念したオリジナルグッズが紹介される。これを見た町田は「タンブラーは普段から使えそうだし、絵本はお子さんと楽しめそう」とコメント。

 彼が注目した絵本『ぽすくまの おてがみりょこう』だったが、次は実際に会場で配られるポストカードでお手紙を出す企画へ。「お礼状を出させてもらう機会は多いです」と彼が選んだ差出人は実の祖母だった。

 その文面は「おばあちゃんへ。手紙を書くのは初めてかな? 『もうあげられるものはないなあ』と言っていたけど、返しきれない愛情があったから今までやってこれています。本当にありがとう。また会いにいきます。冷えてきたから、温かくして過ごしてね。啓太より」という心温まる内容。

 そして「菩薩のようで、小さい頃から可愛がってくれた」と回想しつつ、「温かく過ごさせてもらったからお礼を言いたいな、という思いで書きました」と話し、横に設置されていた可愛いポストに投函した。

 イベント後半は「ぽすくまと仲間たちの“おきにいり”」をテーマにしたコラボメニューがお披露目。美味しそうなフードとドリンクが登場するなか、ここでも町田&ぽすくまの接近戦が繰り広げられた。後から登場した、ぽすこぐまも楽しそうな様子で和やかな空気が流れる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル