top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ハリウッド性的暴行事件の被害と隠蔽、告発と調査報道をブラッド・ピット製作総指揮で映画化 『SHE SAID』日本公開が決定

SPICE

(C)Universal Studios. All Rights Reserved.


映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』が2023年1月13日に日本で劇場公開されることが決定した。

『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』は、ニューヨーク・タイムズのベストセラー『その名を暴け―#MeTooに火をつけたジャーナリストたちの闘い―』(新潮社)を映画化したもの。何十年にもわたって隠蔽されてきた、ハリウッドの映画プロデューサー=ハーヴェイ・ワインスタイン(『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『ロード・オブ・ザ・リング』『恋に落ちたシェイクスピア』『英国王のスピーチ』など)の性的暴行事件を告発し、性犯罪告発運動#MeTooを広めるきっかけとなった記者と女性たちの物語を、実話にもとづいて描いた映画だ。

2017年10月5日、ニューヨーク・タイムズ紙の記者ミーガン・トゥーイーとジョディ・カンターの二人が報道したスク―プ記事は世界に衝撃を与え、翌年ピューリッツァー賞を受賞。本作では、誹謗中傷を浴び、取材対象者から拒否されながらも妥協せず、真実を追い求めた記者と編集者の姿を詳細に描き、ワインスタインの被害にあったサバイバーたちと目撃者の勇気を浮き彫りにするという。

主人公の女性記者2人に扮するのは、キャリー・マリガン(『プロミシング・ヤング・ウーマン』『17歳の肖像』『華麗なるギャツビー』)とゾーイ・カザン(TVシリーズ『プロット・アゲンスト・アメリカ』『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』)。共演には、パトリシア・クラークソン(『シャッター アイランド』『エイプリルの七面鳥 』)、アンドレ・ブラウアー(TVシリーズ『ホミサイド/殺人捜査課』『THIEF/シーフ』)、ジェニファー・イーリー(『ゼロ・ダーク・サーティ』『高慢と偏見』)に、サマンサ・モートン(『マイノリティ・リポート』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』)が名を連ねている。メガホンをとったのは、マリア・シュラーダー監督(TVシリーズ『アンオーソドックス』など)。レベッカ・レンキェヴィチ(『イーダ』)が脚色を担当。また、ブラッド・ピットが製作総指揮を手掛け、彼が率いるプランBとアンナプルナが製作している。

広告の後にも続きます

映画『SHE SAID/シー・セッド その名を暴け』は2023年1月13日(金)全国ロードショー。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル