top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新国王となったチャールズ3世の顔がデザインされた英国硬貨が発表される

カラパイア


image credit:royalmintuk/Instagram

 今年9月8日、老衰により96歳で崩御されたエリザベス女王の死は、英国民に大きな悲しみと衝撃をもたらした。そして今、新たな国王の時代に入り様々な変化がもたらされている。その1つが硬貨のデザインだ。

 英国君主の肖像を用いた硬貨の製造を長年続けてきた英国王立造幣局は、今回新たに国王となったチャールズ3世の横顔が彫られた公式硬貨を発表した。

 歴代の君主のスタイルに従い、5ポンド記念硬貨と50ペンス硬貨は王冠のない国王の横顔になっているという。

英国王立造幣局がチャールズ3世の新硬貨を発表

 9月30日、英国王立造幣局は新しくイギリスの金融シンボルとなったチャールズ3世の顔が彫られた公式硬貨を発表した。

 新硬貨の表デザインの作成を手掛けたのは、イギリスの彫刻家マーティン・ジェニングス氏だ。
この投稿をInstagramで見る

The Royal Mint(@royalmintuk)がシェアした投稿

 ジェニングス氏は、数枚の英国王室の写真の中から王の肖像を作成し、その後石膏のスレートで彫像を作り、最終的なデザインをデジタル化したという。
この投稿をInstagramで見る

The Royal Mint(@royalmintuk)がシェアした投稿

 通貨の端にあるラテン語の略字が刻まれた「CHARLES III • D • G • REX • F • D • 5 POUNDS • 2022」という言葉は、「キング・チャールズ 3 世、神の恩寵により、信仰の擁護者」という意味だそうだ。

 英国では、王室の後継者の顔が前任者の別の方向に向けられる硬貨デザインが伝統となっているため、王冠を被っていないチャールズ3世は左を向き、故エリザベス女王は右を向いている。

image credit:royalmintuk/Instagram

亡き女王の硬貨と紙幣は引き続き使用が有効

 英王立造幣局のアン・ジェソップ最高経営責任者(CEO)は、このように述べている。
テクノロジーは進歩していますが、私たちは何世紀にもわたって受け継がれてきた英国の職人技を尊重し続けています。熟練した専門家からなるチームは、王の肖像が何百万もの硬貨に忠実に複製されることを保証します。
 故女王の肖像が彫られた硬貨と紙幣は、英国、およびオーストラリア、ニュージーランド、カナダなどの他の英連邦諸国の法定通貨として引き続き表示され、時間の経過とともに自然に廃止されるまでは有効であり、新たなデザインの硬貨と共に使用できるという。

 コレクターにとって嬉しいのは、来週から硬貨のセット販売が始まることだろう。
この投稿をInstagramで見る

The Royal Mint(@royalmintuk)がシェアした投稿

 市場へは、今のところ年末頃に50ペンス硬貨のみが出回る予定だが、1ペンスから2ポンドまでの硬貨は、来年初めから流通することになるようだ。

References:Coin designs for King Charles III released by UK’s Royal Mint

written by Scarlet / edited by parumo/ written by Scarlet / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル