top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人類は1万年前から抱っこひもを使っていたことが古代の埋葬から明らかに

カラパイア


 ヨーロッパで極めて珍しい乳児の埋葬が発見され、1万年前から人類は、赤ちゃんを抱っこひもで運んでいたことがうかがえた。

 この発見は、先史時代にも赤ん坊を運ぶ抱っこひも類が広く使われていたという事実を裏づけるものだ。だが、このような布の考古学的証拠は、通常は記録に残らない。

ヨーロッパ最古の乳児に抱っこひもの痕跡

 2017年、イタリアのアルマ・ヴェイラナ洞窟の中で先史時代の墓が見つかった。埋葬されていた女の乳児は、”ネーヴ”と名づけられ、その歯からヨーロッパ最古の乳児の埋葬例だとされた。

 注目すべきは、ネーヴが生きていた時代のコミュニティが、彼女を大量のつなぎ合わせた貝殻ビーズとともに埋葬したことだ。

 つまり、彼女はとても愛され、大事にされていたということだろう。

 墓の中にあったものや赤ん坊が安置された姿勢をさらに詳しく分析してみたところ、ネーヴはその短い人生の間、貝殻で装飾された抱っこひもでくくられて運ばれていたらしいことがうかがえた。

 現在、おくるみなどネーヴを包んでいたものはなにも残っていないが、まわりに散らばっていた貝殻には穴があけられていた。

 誰かが貝殻をつなぎあわせ、織物か、毛皮や皮などに縫いつけた痕跡だと思われる。

 ネーヴとともにあった貝殻ビーズの2017年の調査から、これらがかなりの時間をかけて作られたらしいことがうかがえた。このような装飾品を葬るのは、簡単な決断ではなかっただろう。

 これら装飾品は、抱っこひもについていたのかもしれない。あるいは、毛布か肌着を飾っていた可能性もある。

抱っこひもで運ばれていたと考える理由

 最新の分析にたずさわった、アリゾナ州立大学の人類学者クロディーヌ・グラヴェル=ミグエルは、いくつかの理由から、赤ん坊は抱っこひもで運ばれていた可能性が高いとみている。

 赤ん坊の両足は、腹部のほうに折りたたまれるようになっていて、たくさんの貝殻を隠すようになっていたため、グラヴェル=ミグエルらは、この装飾品は墓の上に撒かれる葬儀のための飾りではなかったと考えている。

 おそらく、飾りのついた衣類か、乳児が生きているときに使われていた抱っこひもの一部ではないだろうか。

 貝殻の飾りの中には、乳児の上腕骨をぐるりと取り囲むように置かれているものもあり、おそらく長い年月の間に失われたおくるみの輪郭をなぞったものだったと思われる。

 貝殻そのものを細かく調べてみると、かなり摩耗していた。つまり、これらは、40~50日しか生きられなかった乳児よりも、長く使われていたものだろう。

 研究結果は、ビーズが抱っこひもに縫いつけられる前、ずいぶん長い間、乳児がいたコミュニティのメンバーが身に着けていたものである可能性を示している。

 現代の採集民族にみられるように、採集作業中に親の近くに置いておくために、子どもを運べるように抱っこひもが使われたと推測される。

ネーヴの埋葬の想像図。貝殻で装飾された抱っこひもでくくられている / image credit:Mauro Cutrona

装飾品は親の子に対する愛情と気遣い

 イタリア半島のほかの埋葬地では、穴あきの貝が40個以上出てきたことはほとんどないが、ネーヴの場合は、70個以上のこうした貝と、4つの穴があいた二枚貝のペンダントが一緒に出てきたのが、ほかと違う特徴といえる。

 ネーヴは大量の貝と一緒に埋められていたことから、子どもの姿勢と関連した、装飾品の使い方のパターンを特定することができた。

 先史時代の幼児の埋葬地に関する最近の研究では、毛布や抱っこひものような固定されたものに取りつけられていたように見える装飾品らしきものも見つかっている。

 これらはたいてい、子ども自身が身に着けるには大きすぎると、研究者は考えている

 通常、古代人が服に装飾品をつけるのは、アイデンティティ、性別、地位を相手に伝えるためと考えられていたが、霊的な庇護の手段を表す場合もあるかもしれない。

 例えば、現代のアマゾン先住民の社会では、装飾品を子に対する親の気遣いの表現として使っている。
この赤ん坊が抱っこひもを身に着けて埋葬されたのは、彼女を守ることができなかったビーズが二度と使われることがないようにしたか、あるいは単に、死んだ子供とそのコミュニティの間のつながりを永続させるためとも考えられる
 現代のほかの採集民族の間では、今でも似たような装飾品を赤ん坊の抱っこひもなどに縫いつける習慣があるという。

 こうした社会で、幼児や子どもが装飾されるのは珍しいことではない。彼らの身体を飾り、保護するためのビーズの大半は中古品で、両親や祖父母、親戚が子供へをケアする行為として贈ったものだ。

 モントリール大学の人類学者ジュリアン・リエル=サルバトーレは、この研究は、保育の考古学について、間違いなく新奇な情報を提供してくれると言う。

「考古学の科学の妙と、わたしたちが行う研究の原動力である人間の原理の架け橋になります」

この研究は『Archaeological Method and Theory』誌に発表された。

References:Ancient Burial of a Young Girl Shows How We Carried Our Babies 10,000 Years Ago : ScienceAlert / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル